パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLab

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

東芝 Toshiba dynabook BX/35HBKTを分解 dynabook T552とSatellite B252 同パーツと判定!

      2017/02/06

sumi_2

気になったら実行に移す。

dynabook T552 とSatellite B252はほとんど同じ筐体で部品だったことは分かった。

何気なく見付けたdynabook BX/35も同じような気がしたので、本体を仕入て分解した。

結果、全く同じものであった。

そうすると、この3機種のメンテナンス部品として、どれも使えるということになる。

バッテリーもセルの数さえ違うが、パーツとしては同じものだ。

とキーボードからファン、マザーボードに至るまで同じパーツだった。

作りもシンプルでプラモデル感覚でメンテナンスができる。
※分解はあくまでも慣れた方でお願いします

実際にdynabook BX/35を分解したので、清掃やメンテナンスで参考にしてください。

スポンサーリンク


分解手順

dynabook BX/35HBKT PABX351HSWBT

bx1

↓外観はSatellite B252とほぼ同じ。コンシューマのT552とビジネスのB252を足して2で割った感じ?

bx2

↓裏蓋を外します。

bx3

↓赤マルが分解時に外すネジ。青がドライブ固定ネジ

bx4

↓バッテリーを外します。

bx5

↓HDDのマウンター固定ネジを外します。

bx6

↓これがドライブ固定ネジ

bx7

↓ドライブが簡単に取れます。

bx8

↓ボディカバーを外します。

bx9

↓そうするとマザーボードが現れます。

bx10

↓至ってシンプルな作り。

bx11

↓ファンを外すには赤のネジ、青のコネクターを外します。

bx12

↓3年でこんなに大きなホコリが詰まります。

bx13

↓冷却ファンの型番 KSB0505HB 6033B0028701

bx14

↓そしてキーボードの外し方。丸穴を指で押す。

bx15

↓キーボードが取れます。

bx16

↓バリバリ音がしながら外れます。

bx17

↓キーボードのフラットコネクターです。矢印のようにロックを解除します。

bx18

↓キーボード型番 9Z.N7TSV.40J 6037B0077201

bx19

↓次にUSB、HDMI、LANのデバイスコネクターを取ります。

bx20

↓ワイヤーを傷つけないように気を付けてください

bx21

↓ワイヤレスモジュールのアンテナケーブルを取ります。

bx22

↓戻すときに分かるように括っておくとよいです。

bx23

↓タッチパットのフラットケーブルを外します。

bx24

↓??

bx25

↓マザーボードをひっくり返して、ディスプレイのコネクターWEBカメラーのコネクターを外します。

bx26

↓これは慎重に外してください。直ぐ壊れます。

bx27

↓そしてマザーボードが取れました。

bx28

以上、参考にしてください。

下記はdynabook T552 の関連情報です。

まとめ
東芝 dynabook T552 徹底解剖

 

 - パソコン分解 ,