ダイナブックをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLab

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

東芝ノートPC リカバリーUSBは別のUSBメモリにそのままコピーできるか?

      2016/11/28

リカバリーメディア作成ツールで作成

usb

リカバリーメディアクリエーターで作成したUSBメモリを単純に他のUSBメモリにコピーできるか?

単純な疑問は実験してみるというのが言うのが一番良いです。

前回作成したSatellite B35のリカバリーUSB

usb_1

これを使ってみます。

もう一つ、違うUSBメモリを用意します。

usb_2

スポンサーリンク


実験

windowsコピー

作成した中身は下記のようになっています。これを単純にwindowsコピーしてみます。

b35_1

コピーします。

b35_2

そして、コピー先のUSBをSatellite B35でリカバリーします。

リカバリー実施

まず、F12でブートします。

usb_3

USBメモリを選びます。

usb_4

起動できないようです。

usb_5

windowsコピーではリカバリーUSBはコピーできないようです。

ディスクコピー

次にディスクコピーツールでコピーしてみます。

コピーツールはHDDリカバリーエリアをコピーしたツールです。

(参考)
http://dynabook.biz/recovery/6406/

Disk Copyを選びます。

usb_6

コピー元を選びます。

usb_7

コピー先を選びます。

usb_8

特にエラーもなく、コピーは成功しました。

usb_9

リカバリー実施

コピーしたUSBをSatellite B35にセットします。

usb_10

同様にF12でブートします。

usb_11

ロードしてくれました。

usb_12

初期画面がでましたので、成功?

usb_13

ここでループしますので、失敗です。

usb_15

恐らく、容量が小さいUSBを使ったからだと思います。

リトライ(同等な容量)

今度はリカバリーメディア作成ツールで作成したリカバリーUSBの容量と同等なものを準備(32GB)しました。

それをコピー先にして実験!

usb32_1

同じ32GBを買ったのですが、20MBくらい少なかったです。

usb32_2

コピー完了

usb32_3

早速、Satellite B35をリカバリーしてみます。USBを挿し、上記同様に電源入れてF12ブートです。

usb32_4

USB Memoryを選びます。

usb32_5

前回の場所以上進みました。

usb32_6

コピーし始めました。

usb32_7

正常終了しました!!!

usb32_8

ここまで来れば大丈夫です。インストール開始

usb32_9

何回かセットアップを繰り返し、再起動します。

usb32_10

ここまで来れば安心です。コピーは成功と言うことで良いと思います。

usb32_11

完了!正常に動作します。

usb32_12

結果

リカバリーメディアクリエーターで作成したリカバリーUSBはwindowsのコピーではコピーできず、ディスクコピーツールを使わなければなりません。

HDDリカバリーエリアをコピーする時の考え方と同じでMBR情報がコピーできないからだと思います。

以上、参考にしてください。

 - リカバリー