dynabook R734 R73/37 R73/38 シリーズの液晶フレームの爪折れに注意

液晶パネル関連

フレーム爪を折らないように

大名武久
大名武久

セルフリペアの場合、復元が重要ですから、爪折れに注意してくださいね

セルフリペアの場合、液晶のフレーム分解時爪折れに注意しなければなりません。

R734シリーズは下記のような爪の構造になっていますので、内側のフレームを中に入れ押し出すように外すのがベストです。

そしてフレームを少しずつ外し、絶対にダメージを与えてはだめです。

液晶が見えました。

ここからは液晶外しは簡単です。

裏返しするとケーブルが外れます。

以上、フレーム外しのポイントでした。

【スポンサー】

タイトルとURLをコピーしました