パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLabo

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

東芝 dynabook Satellite R35/M R35/P マザーボードの交換(取り外し)

   

R35/Mのマザーボードを取り外す

メンテナンスメモになります。

東芝サテライトR35シリーズの調子が悪い、故障、トラブルなどの場合、マザーボードを交換する場合があります。

機種が古いとヤフオクやパーツショップなどで液晶割れやキーボード破損などの訳あり品(ジャンク品)が市場に出回ります。

個人で利用する分はセルフメンテナンスで修理すればまだまだ使える機種だと思います。

マザーボードの取り外しは簡単ですので、下記にコネクター類を書いておきます。

スポンサーリンク


取外し関連コネクター類

①ネジ
②ネジ
③LANのコネクター
④電源コネクター
⑤webカメラのコネクター(MB裏側)

⑦USB、イヤホン基盤用フラットケーブル
⑧LED用フラットケーブル
⑨キーボード用フラットケーブル
⑩スピーカー用ケーブルコネクター
⑪LCDケーブル

するとマザーボードが外れます。※説明漏れがあるかもしれませんので、必ず確認ください。

以上、外し方は簡単なので、交換は可能と思います。

自己責任でチャレンジしても良いと思います。

以上

 - パソコン分解