パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLabo

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

東芝 Satellite B453/J を1TBにHDDを換装

   

ブログの問合せに相談がありましたので、実験してみました。

内容はSatellite B554を320GB→1TBに換装する際にエラーがでるとのことです。

500GBと1TBに換装するとリカバリー後にエラーがガイダンスされ、160GBのHDDと128GBのSSDに換装すると通常通りリカバリーができるとのことです。

??

何となくBIOSのような感じしますが、windows8モデルで容量制限があるか?

ちょっと不思議な気もします。

ということで事務所にSatellite B453があるので、これに1TBのHDD(T65に使用していたもの)を使い、リカバリーしてみます。

スポンサーリンク


実施

まず、dynabook T65(左)の1TBのHDDをSatellite B453/JにHDDと交換します。

マウンターがそのまま使えました。

リカバリーディスクはB453/B553/B653用のwindows8 proの純正ディスクになります。

「C」ブートでドライブ起動します。

リカバリーウィザードが出ましたので、3枚ディスクを使って、ガイダンスに従いリカバリーをします。

警告表示

復元方法を選択します。

確認ガイダンスがあります。

30分程度必要です。

リカバリーが終わるとデバイスチェックでインストールが始まります。

システム構成やドライバーのインストールなどで30分~40分程度必要です。

初期設定します。

セットアップ終了(全行程約1時間~1時間30分程度)

全体で1TB認識していました。

以上

 - ハードディスク交換