パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLabo

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

東芝エクイアム(Equium)S6200のHDD交換 40Gから320GBへ換装

      2016/07/31

ハードディスク交換

equiums6200_1

モデル:Equiums6200 型番:PES6230CNN815

極小パソコンは各メーカーありますが、筐体がホワイトでいかにもビジネスモデルというのは東芝だけ?ではないでしょうか?

私はこのシンプルさが好きです。

そもそも東芝さんはデスクトップ事業への力の入れ方はノートに比べ弱いです。

ただ、この極小モデルだけはシリーズが永く、構造その他、デザインも進化しています。

今回はEquiumS6200(PES6230CNN815) 2006/12/26発表のモデルです。

S6200は2.5インチで内部がシンプルに構成されています。

恐らく、放熱問題を解消したものだと思います。

スポンサーリンク


交換風景

equiums6200_2

固定脚を外します。

equiums6200_3

裏面に3つねじがありますので、それを外します。

equiums6200_4

カバーは前面にスライドする構造になっています。ドライブは固定です。

equiums6200_5

カバーが開きます。

equiums6200_6

構造はS5060とほぼ同じですが、ファン、ヒートシンクが大きくなっています。

equiums6200_7

ハードディスクは2.5インチです。コネクタを外します。

equiums6200_8

コネクタを外します。

equiums6200_9

固定のラッチを押しながら引くとHDDが取り出せます。

equiums6200_10

HDDが取れます。

equiums6200_11

型番:MK4032GSX(40G)を使用しています。

equiums6200_12

新しいHDD(MK3276GSX)を取り付け設置します。

equiums6200_13

カバーを戻します。

equiums6200_14

固定脚を付けます

equiums6200_15

リカバリーして終わります。

 - ハードディスク交換 ,