dynabook G83 分解 液晶を交換してみた

液晶パネル関連

スポンサーリンク

パネル交換の注意点

dynabook GZ83 GZ73 なども同じです

今回は液晶交換です。そんなに難しいことはありませんが、慎重さが求められると思います。

液晶パネルはどんどん軽量化、薄型になり慎重な作業が求められるので、フレームにダメージを与えないように1つ1つの作業を慎重に行ってください。

フレームの爪ロックを折らないように充分注意してください。

フレームを外す時も慎重にしなければ、折ったり、爪が取れたりして全く良いことがありません。

このdynabook G83のボディ素材は軽い頑丈なマグネシウム素材を使っています。

爪は従来のものより(カタログ上は)強度が増しているとは思いますが、所詮プラスチックの類似品です。簡単に折れます。

折れると復元した時にフレームの固定が弱くなりますので、ここは要注意です。

液晶交換

僅かな隙間に開腹ツールを入れ、フレーム部を押し込む感じで開いていきます。

イメージ的には下記のような感じを言っています。

サポート動画

下記はR63シリーズのフレーム外しですが、内側へ押し込む感じで外してください

これをくり返すと簡単に外れます。

絶対に力任せはNGです。

ロックを外すイメージで外します。

中のロックも少しずつ外してください。

この液晶は割れていますので、キズを付けても良いですが、液晶のレベルアップの時はフレームに傷をつけないようにしてください。

ヒンジキャップを外します。

こんな感じで外れます。

これも爪を折ってはだめですので、注意してください。

これがヒンジキャップです。

左右外れます。

そうするとフレームが外れます。

液晶は固定されていませんので、ケーブルを外すと簡単に取れます。

あまりネジを使ってないのではやはり軽量化が目的なのでしょう。

部品型番:G33C0009P110
製品型番:NT133WHM-N45

液晶に線が入っているテスト用のdynabook R73/Aの液晶があったので、それを付けてみると映ります。

もちろん、同じHDモデルでなければ映りません。

リカバリー作業

とりあえず、手持ちのdynabook R73のディスクで復元しました。

こんな感じで左に線がありますので、今ではテスト用のパネルで使っています。

ただ大きさはR73の方が8mm幅が広いので、G83には使えません。(テストのみ)

比較的新しめのdynabookリカバリーメディアでリカバリーすると復元できます。(windows10 Proのみ)

※windows10 HomeエディションはNGです。

アップデート全てOK!

やはり、このG83のSSDは爆速です。

ライセンス認証もOK!

以上

dynabook G83シリーズの修理部品を探す

下記からお探しいただけます。

dynabook G83 GZ83 シリーズ - 再生部品工房 ダイナショップ福岡本店(東芝パソコンDIY専門店)
東芝ノートパソコン部品工房のダイナショップをご覧頂きありがとうございます。東芝ノートパソコンを中心に部品を海外からバルク品を調達して販売しています。できる限り同機種により動作確認を行い出品しています。初期不良等あれば返品、返金で対応していますので、安心してご利用ください。
タイトルとURLをコピーしました