パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy PC Life dynabook

ダイナブック ブログ!大名武久のリペアライフブログです。

*

-->

似ているようで違う?dynabook B45/B(2016年製造)dynabook B45/M(2019年製造)の違い!

      2020/02/26

テクノロジーの進化はやはり見過ごせないので、セルフリペアではきちんと押さえておきたいですね。

スポンサーリンク


機種の違い

見た目同じの機種ですが、中身違います。

違いは①②③の部分です。

①オーディオケーブルがあるか?ないか?
②LEDボード
③マウスパット

サウンド

こんな感じで最近の機種にはサウンドフラットケーブルが内臓されています。音質の向上でしょうね。

B45/Bはそのケーブルがありません。

ですからUSBボードも違います

マウス

B45/Bは上記写真のようにマザーボードから直接LEDボードにケーブルが入っていますが、2019年モデルのB45/Mは下記のような構造です

これはB45/Mが「ジェスチャーコントロール機能付きタッチパッド」だからです。

B45/Bにはこの機能がないと思います。

細かくみると違いますね

キーボード

中で使われているキーボードは同じです。

キーボードはdynabook B45/A ~dynabook B45/Mまでは同じものを利用している模様です。

以上

dynabookの部品サイト

東芝のノートパソコン(dynabook Satellite系)の修理部品などを販売しています。

パソコンは自分自身でメンテナンスしていくことで愛着がでます。

そうすると大きなトラブルが少なくなり、より安定したパソコンライフを楽しむことが可能です。

旧機種、新機種、新品バルク、中古、純正パーツなどを取り揃えていますので、興味のある方は是非ご覧ください。

ダイナブック部品販売(リカバリーサポート)

 - 比較