パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLabo

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

office personal 2013/2016 がインストールもアンインストールもできない

      2018/12/02

マイクロソフトのツールで残骸を削除する

office1

office

今日は2件のトラブルの改修しました。

一件は突然「非商用目的 ライセンスが無い製品?」の問題です

もう一件は正規ライセンスを買っているにも関わらず、突然、起動するとライセンス認証ウィザードがガイダンスされるというトラブルです。

これはプレインストール版のoffice personal 2013/2016とオフィスの製品版(パッケージ版:Powerpoint2013/2016)を併用して使っているユーザーだけに発生しているトラブルみたいです。

明らかにマイクロソフトの認証サーバーに問題があると言って良いと思います。

これはCDでのインストール時代にはなかったトラブルになり、常に認証状態にあるオフィスに多いトラブルなのです。

ただ、そうは言ってもそれがマイクロソフト側の問題か?パソコン側の問題か?切り分けるのは難しいところです

スポンサーリンク


ステップ1

直近で何か設定変更、インストール、アップデートをしたか?を思い出してください。

何もしていなければマイクロソフト側の問題が高いでしょう。

もし、していればまずは一度「システムの復元」を利用してインストールしていないかった状態(過去)に戻してみるのも1つの方法です

windows7の場合

windows8/8.1の場合

これで様子を見て、良ければ終わりです。

ただ、終わらない場合は下記を試してください

ステップ2

オフィスの内部のことはよくわかりませんので、何かをするという訳ではありません。

ここは振り出しに戻って考えるのが良いです。

だから下記の手順を実施してみました。

①新たに「システム復元」機能でリカバリーポイントの最大まで戻す。

②コントロールパネルの「プログラムの機能」でアンインストールを行った(問題発生:エラー番号 30174-4 )

③Fix itでアンインストールができなかったアンインストールプロセスを正常に終わらせた(成功)
この手順で削除し、Fix itを利用する
※オフィスシュートカットが削除されていることが成功の証

④再起動

⑤「msconfig」でwindows installer を確認→「停止」を確認します。

http://office.com/setup にアクセスし、オフィスのインストールを行います。

⑦インストール開始(成功)

これで正常にアンインストール・インストールができました。

ここで問題だったのは何かの処理が途中でそれが邪魔していたのように思います。

この方法でできない場合はリカバリー(初期化)という選択肢が速いかもしれません。

自信がない人は下記へ相談してみてください。

マイクロソフトサポートセンター

個人のお客様

電話番号: 0120-54-2244
営業時間: 平日 9:00-18:00
土日10:00-17:00 (祝日、弊社指定休業日を除く)

法人のお客様

電話番号: 0120-41-6755
営業時間: 平日 9:00-17:30

部品サイト

東芝のノートパソコン(dynabook Satellite系)の修理部品などを販売しています。
パソコンは自分自身でメンテナンスしていくことで必ず愛着がでてくるものです。
そうすると大きなトラブルが少なくなり、より安定したパソコンライフを楽しむことが可能です。
旧機種、新機種、新品バルク、中古、純正パーツなどを取り揃えていますので、興味のある方は是非ご覧ください。
パソコンDIY セルフメンテナンスを是非楽しんでください。

ダイナブック/サテライト部品販売

 - トラブル(ソフト)