ダイナブックをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLab

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

東芝 REGZA PC dynabook Qosmio D711/WTMEB HDD交換 分解 D710,DX1210シリーズ一部共通

      2017/02/20

ハードディスク交換

youtube1

この機種は過去にもハードディスクトラブルがあった機種だと思います。

Qosmio D710/T6AB(PD710T6ABFB)

恐らく、このタイプは3.5インチのHDDが搭載されており、発生するトラブルは完全に熱放出の問題と思います。

これはD711になって改善されているとい噂も聞きますが、今回もハードディスク系のトラブルみたいです

エラーメッセージは出ませんが、HDDのアクセスランプが点灯しっぱなしという時間が多く、動作が遅いです。

リード、ライトの問題の症状に良く似ています。

調べるとやはりセクターのエラーがでました。

d711_0

こうなると近いうちにメッセージがでますので、処理速度が遅くなりバックアップに時間を要する前に早めの対策が必要だと思います。

スポンサーリンク


交換方法

必要なものはドライバー各種、そして、今回は下記のスマホ開腹用工具と手袋(100均で購入)が必要になります。

d711_1

・まず、裏側(後面)のカバーを外します。スタンド近くのネジ2つを外し、下記のようにカバーを外してください。

d711_2

・次に赤マルのネジを外します。

d711_3

・スタンドを外します。

d711_3-1

・B-CASカードを取ります

d711_3-2

・赤マルのネジを外すのと、メモリ部の蓋を取り、右下の赤マル部(ワイヤレスマウス、キーボード受信機)の蓋を取ります。

d711_4

・下記が受信機です。

d711_5

・メモリ部にコネクターがありますので、それを外します。

d711_6

・ドライブのベゼルを外します。

d711_7

・→部に力を入れて取ります。

d711_8

・さて、蓋を外しますが、ここは本体にダメージを与えずに外す為、若干テクニックが必要です。写真を参考に開腹ツールで隙間から挿入します。

d711_9

・上部を思いっきりはぐってください。ここが正念場です。かなり力が必要です。思いっきりと、微妙な力加減がポイントになります。

d711_10

・すると簡単にカバーが外れます。

d711_11

youtube_logo

【参考】

カバーを外すときのシーンを家内に撮影してもらったので、参考にしてください。
ネジさえ取り忘れがなければ必ず成功します。

・ここがハードディスク部です。

d711_12

・ネジを外します。

d711_12-1

・東芝の1TBディスクが付いています。

d711_13

・コネクターを外し、HDDを入れ替えます。

d711_14

・今回は東芝のHDDを使わず、WD(ウェスタンディジタル社)を使います。

d711_15

・再作業防止の為、一旦下記の状態でリカバリーを行い、成功した時点で元に戻します。

d711_16

・CDをピンでオープンさせます。

d711_17

・リカバリーディスクを使います。

d711_18

・Cブートで起動します(Cキーを押しながら、REGZAマークがでると放してください)

d711_19

・リカバリーが始まります。

d711_20

後は通常のセットアップです。

レスポンスも良く快適になりました。

 

 - ハードディスク交換, パソコン分解 , , ,