パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLabo

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

(動画あり)東芝 Satellite B35/R B45/A R35/M B65/B75 作ったディスクでリカバリーする

      2017/10/19

recov_6

windows7ダウングレードモデルはメインライセンスのリカバリーディスクとは別に自分でリカバリーディスクを作成しなければなりません。

作ったディスクでのリカバリー方法は全機種同じですので、下記の説明しておきます。

スポンサーリンク


リカバリー方法

作ったディスクをドライブにセットします。

recov_3

「C」キーを押しながら、電源スイッチを入れます。

recov_4

dynabookもしくはTOSHIBAロゴがでたら、その手を外してください。

recov_7

リカバリーシステムが起動し下記の画面になります(windows7ダウングレードモデルの場合)

recov_5

後はガイダンスに従って進んでください。

※windows8.1やwindows10の場合も仕組みは同じです。ここまでくればガイダンスに従って進めるだけです。

動画サポート

windows10モデルのdynabook B55ですが、作成したリカバリーディスクでリカバリーする作業を映像で説明しています。

是非、参考にしてください。

セットアップ時の注意点

リカバリー作業を進めて行き、それが終わると、windowsのセットアップに入っていきます。

windows7の場合はありませんが、windows8/8.1、windows10の場合は「マイクロソフトアカウントでセットアップ」と言うところにぶち当たります。

マイクロソフトアカウント無しでセットアップ(サインイン)する場合の対処方法は下記に説明がありますので、参考にしてください。

http://dynabook.biz/other/7080/

 - リカバリー , , ,