ダイナブックをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLab

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

東芝パソコン メモリの探し方~取付方法 操作が遅くなったと感じたら考えてみる。メモリ増設の考え方

      2017/02/08

ram

パソコンは購入して数年すると起動操作が若干遅くなります。

これは自身で購入したソフトなどのインストールにより常駐するソフトが加わったことや、アップデートなどを繰り返すことで常駐タスクが追加されたりと、何かとCPUやメモリの仕事を増やしているからです。

特に今の時代はセキュリティソフトが常に監視しながら動いているので操作の時に何かと複数のプログラムが同時に動くことが増えたことも原因として考えられます。

そんな時はパソコンを買い替えたら良いですが、そうもいかないと思います。

そこで「メモリモジュール」を増設するという方法が一番安価で簡単な方法です。

では、メモリモジュールを増やすと何が変わるか?

少しこの仕組みを説明しておきます。

スポンサーリンク


メモリ増設の考え方

私は時々それをグラウンドに例えます。

グラウンドの広さをメモリ領域、サッカーをする少年たちのグループをソフト(ワードやエクセル)などと考えてください。

増設前は校庭も狭くサッカーは1組しか試合ができず窮屈でした。その為、4試合(4つのソフト)を行うためには1つの試合が終わってから順次していくということで時間も要します。

soft_1

メモリを増設するとグラウンドも広くなりコートも4面各々の試合が並行で進められるようになります。

スムーズに事が運ぶというものです。

 

soft_4

ですから、一台のパソコンでアプリケーションを複数起動したい時はメモリモジュールを増やすことが効果的です。

メモリの増やし方

次にメモリをどうやって増やすか?です。

まず自分のパソコンの型番を調べます。

本体裏にある営業型番(Pから始まる番号)を確認します。

no_1

次に東芝のサイトからメモリの仕様を確認します。

下記赤枠にその型番を入れると仕様がでます。

ram_1

赤マルをクリックします。

ram_2

HTML形式という個所(下記赤マル)をクリックします。

ram_3

モデルのメインサイトに行きますので、その「仕様」をクリックします。

ram_4

下記のようなスペック表がでますので、その「メモリ」という個所を見てください。

標準/最大」の箇所に4GB(4GB×1)とあるのが4GBもメモリが1枚入っているという意味で、16GBつまり8GBを2枚まで増設可能ということです。

問題のメモリの仕様はDDR3L-1600で一般的にPC3L-12800 というものになります。デュアルチャンネル対応ですので、デュアルチャンネル対応の2枚1パッケージのメモリを購入すると効果があります。

メモリ専用スロットは2スロットあるということで、1枚が使っているの為、空きが×1になるということです。

ram_5

これで増設用のメモリが分かりましたので、それを購入するだけになります。

メモリの購入方法

購入先はどこでも良いです。

一般的にはアマゾンのサイトや楽天などで「PC3L-12800」と検索するか、「DDR3L-1600」で検索しても良いです。

BUFFALO 増設メモリ PC3L-12800

***L-12800の「L」は低電圧のものになり、それがあるのと無いのとでは変わりありませんが、基本は仕様にあったものを付けるのが前提ですので、同仕様でお探しください。

ここでメモリには「相性」と言うものがあると言われています。

単なる相性と言っても、基本はメモリのロジックがMB(マザーボード)の処理ロジックに適合しているか?と言うことであり、厳密にいうと相性のような単純なものではありません。

東芝のMBのメモリロジックと適合しているものはSAMSUNG(サムソン)やHynix(ハイニックス)、Micron(マイクロン)と言われています。

上記3メーカーの方が良いですが、バッファローやIOデータなどのメモリでも問題ありませんので、量販店等でもご購入可能です。

ヤフオク等で購入される方は注意が必要です。

メモリにも読み書き(リード/ライト)の書き込み寿命がありますので、年数使われていないものを購入されることをお勧めします。

メモリの取付方

東芝のパソコンは大きく分けて2種類の取付方法があります。

1つは誰でも増設可能な機種になり、裏面に増設用のスロットの蓋があります。

ram_7

ram_8

もう一つは「お客様では取付不可能」と言うものです。

ご覧の通り裏面にはそういう蓋がありません

ram_6

詳しい取付方法については下記コーナーでご確認ください。

http://dynabook.biz/memory/1256/

以上、快適な環境でご利用ください。

 - メモリ増設