ダイナブックをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLab

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

東芝 Toshiba Satellite R35/MとSatellite B35/Rとの実機を比較してみる

      2016/10/29

s1

ビジネスモデルもそのクオリティが上がっている。

個人的にはdynabookもコンシューマモデルに拘らず、ビジネスモデルとしてリニューアルすれば良いと思う。

今回は各段にスタイリッシュになったSatellite B35/Rを購入して、旧モデルのSatellite R35/Mとボディーを比較してみた。

参考情報
仕様などを比較してみた。

スポンサーリンク


比較

何より、筐体のスタイリッシュさがSatellite R35/Mから比べると上がっている。

s4

天板は高級感ある質感に仕上がっている。

これがSatellite B35/Mの天板の質感だ。すりガラスのよう質感になっており、何となく「和」の素材感がある

s2

旧モデルのSatellite R35/Mはこんな感じだ。単に凹凸があるだけで高級感は感じられない。

s3

Satellite R35/Mは会社の貸出機にしているので、CPUはCore i3 を選んでいるが、Satellite B35/Rは単にボディが知りたかったので購入した。

従って、今回はCeleronを購入している。

その他、搭載されているデバイスも若干変わっている。

B35/RからサイドにSDカードスロットが搭載されている。R35/Mではフロントについていた。利便性としては変わらない。

s5

B35/RからUSBが4つになっているから向かって左側面に2つ右側面に2つあることになる。

個人的には右側面のUSBはマウス操作時にとても邪魔になる。

そのへんはあまり考えられていないか?デバイス仕様上仕方ないか?

ドライブも本当言うとパナのようにフロントにしてほしい。側面のディスク挿入は不便極まりない。

なぜ?フロントにできないか?これも良く理解できない1つである。

s6

天板を開いた状態でのキーボード、液晶などはほぼ同じである。見た目は各々の特徴を覚えていない限り、区別はつかない。ボディの質感が違うので、高級感あるものがB35になる。

s7

光の加減で分かる。

s8

裏面はほとんど同じだ。メモリソケット等のカバーもなく、仕様上、メモリ増設はサービスマンになっている。

参考
メモリ増設方法

バッテリーも同じものである

s10

R35/M バッテリー型番:PABAS283

s11

B35/R バッテリー型番:PABAS283

s12

全く同じものだった。

微妙に違うが、ほぼパーツ類は同じだと思う。

ドライバー類は分からないが、生産効率から考えると、同じものだろう。

 - 比較 ,