パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLab

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

東芝パソコン 起動しないパソコンからデータ復旧する方法(2013年以降)※東芝ファイルレスキュー

      2016/09/28

img_1

今回は起動しなくなったパソコンからのデータ復旧を説明します。

ちょっと慣れた人はUSBアダプターでサルベージすれば良いですが・・

記事参照
起動できないwindowsパソコンからデータを抽出する(サルベージ) 

あまり詳しくない方?。

または外付けUSBアダプターを持っていない方は下記を使うと便利です。

もちろん、windowsが何らかの原因で壊れたという方が前提でハードディスクが壊れていたらダメです。

これはハードウェアの修理が必要です。

2012年以降?2013年以降?の機種くらいだと思います。

東芝ファイルレスキューツールが組み込まれているはずです。

それを使うと簡単です。

必要なもの
①リカバリーディスク(システム回復ディスク)
②バックアップ用USBメディア(DVDでも可)
※バックアップしたいデータが入る容量

スポンサーリンク


東芝ファイルレスキューを使う

↓予め作成しておいたリカバリーディスクのNO1を使います。

res_1

↓バックアップ用メディアをUSBに入れます。USBが無い場合はDVD-R等でも良いです。抽出するデータ量に依存します。

res_2

↓DVDドライブからリカバリーディスクを起動します。「C」キーを押下しながら電源ON→dynabookロゴがでたら手を放すとDVDでブートします。

下記画面になりますので、システム回復オプションを選びます。

起動方法
東芝パソコンのリカバリーの種類(やり方)

res_3

↓Microsoft IMEを選びます。

res_4

↓トラブルシューティングを選びます。

res_5

↓TOSHIBA Recovery Wizardを選びます。

res_6

↓回復ツールを選びます。

res_7

TOSHIBA File Rescue を選びます。

res_8

↓東芝ファイルレスキューが起動します。「同意します」

res_9

↓自分が欲しいファイルを確認し、「任意のファイルやフォルダを手動で指定する」を選びます。

res_10

↓欲しいフォルダを指定します。

res_11

↓バックアップ先(USB)を選びます。DVDでも良いです。

res_12

↓最終確認です。

res_13

↓データの復旧を開始します。

res_14

↓完了

res_15

データを復元

データを抽出した後は、改めてリカバリーディスクでリカバリーしてください。

以降はリカバリーしたパソコンになります。

↓バックアップしたUSBメモリの中を見ると「TFRescue」を探します。そしてダブルクリックしてください。

res_16

↓同意してください。

res_17

↓復元するデータです。「アカウント名になっていると思います」

res_18

↓データを確認します。

res_19

↓復元します。

res_20

↓元ファイルがあった場所にコピーされます。

res_21

res_22

東芝のサイトにも解説がありますので、参考にしてください。
東芝ファイルレスキュー」について

「東芝ファイルレスキュー」Windowsが起動しない状態で、データのバックアップをとる方法

「東芝ファイルレスキュー」バックアップしたデータを復元する方法 

 - ユーティリティ , ,