パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy PC Life dynabook

大名武久のdynabook分解修理サイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

東芝 dynabook 起動・操作・動作が何となく遅くなった気がする。windows10のメモリ不足

      2019/06/23

slow

最近、起動も遅いし、オフィスなどの起動も極端過ぎるくらいに遅くなったという方が増えています。

特にwindows10のメジャーアップデートでバージョン1803~1903になってそう思うのです。

これはwindows10が常に進化(更新)され、最新の状態でアップデートを繰り返しているからと言って良いと思います。

メジャーアップデートが行われる前後ではダウンロードやバックグラウンドでのインストールなどがありますので何をするにも遅いです。

また、アップデートされた後でも新たなチェックが増えていますので、必要な個所にセキュリティモジュール施され、今まで以上に別の処理が動き出しています。

同様にwindowsだけではなく、インストールソフトウェアのウィルスワクチンソフトやその他も同様にダウンロード、インストールを繰り返しますので、メジャーアップデート前後では処理が極端に遅くなります。

ですから、買った時よりも遅くなった気がするのは当たり前になってしまう。

スポンサーリンク


常に動作が遅い場合はこれ!

一般的に動作が遅い場合は「デフラグ」や「システムの最適化」などをすると良いと言う方がいますが、私はこれをしない方が良いと思っています。

返って症状を悪化させてしまう原因にもなりますので、ここは1つ1つ問題をクリアにしてください。

パソコンの見かけ上の速度は単純に断片化されたデータを整理するだけで治るというものではありません。

安易に整理すると返って処理のパフォーマンスを落とし、処理遅延に繋がってしまう場合がありますので、注意してください。

メモリを考えてみる

オペレーティングシステムがwindows10の場合であればメジャーアップを考えた方が良いです。

それ以外であれば常に動作(操作)が遅いとなるとやはりメモリ不足やメモリの異常が考えられます。

メモリとは起動時やソフトウェアの処理の時の使う帯域ですので、それが足りない場合はやや操作が遅く感じます。

メモリの不具合/異常

2016年以降の機種であればメモリのチェックを標準ツールでできますので、まずはそれを実施ください

メモリチェックツールの利用

メモリチェックツールの使い方
http://dynabook.biz/utility/16703/

メモリ不足の場合

windows10の場合

メモリを増設すると良いです

仕様上windows10の場合は最低2GB搭載するようになっていますが、これはあくまでも論理上の数値であり、今は全然足りません。

2018/9のwindows10のバージョンで考えれば8GBが最低メモリと思っていますし、一般的に言えばwindows8/8.1/10の場合、8GB~16GBが適正です。

最近はウィルスワクチンソフトやその他のインストールソフトなども常駐タスクなどを置きますので、そのくらいのメモリを準備しないとサクサク動いてくれないと思います。

メモリの確認方法と増設

ご自身のパソコンのメモリはデスクトップアイコンの「コンピュータ」を右クリックして、メニューから「プロパティ」を選ぶと下記のように確認できます。

ram

特に最新OSの場合はメモリ領域を確保してやることで、快適に動作が保証されると言われています。

これが私が考えるwindows10の最低スペックです。

windows10の最低スペックはメモリ8GBです。

dynabook B65のCorei3-6100(第6世代)モデルでメモリ8GBのノートパソコンでエクセルを起動させてみました
ウィルスワクチンソフト:windows Defender

windows10が起動してしばらくしてエクセルを起動させてみました。

やはり8GBあればサクッと動きます。

windows10が起動した直後にエクセルを起動させてみました。

ちょっとふん詰まりますが、比較的4GBに比べると早いです。

まずはメモリを増設して状況がどうか?ということを考える方が適切だと考えています。

これで改善されなければ次のステップに進めば良いだけです。

メモリの考え方/増設については下記を参照ください。

ダイナブック メモリ増設の考え方
http://dynabook.biz/memory/7287/

時々動作が遅くなる

時々、極端に処理が遅くなることに関しては下記が考えられます。

1.ハードディスクのセクター破損

2.放熱異常(ホコリなど)

こういうことが挙げられます。

1.ハードディスクのセクター破損

(対策)チェックプログラムを動かしてみる。

これも上記同様に2016年前後のマシンについては標準でチェックツールが装備されていますので、それをご利用ください。

メモリチェックツールの使い方
http://dynabook.biz/utility/16703/

それ以前の機種についてはハードディスクの健康状態を確認するソフト「CrystalDiskInfo」を使って調べます。

最新版ダウンロード
https://ja.osdn.net/projects/crystaldiskinfo/

セクターに破損個所があれば上記ソフトを起動すると下記のようなガイダンスがでます。

ハードディスク異常

その場合は新品のHDDに交換してみてください。

2.放熱異常(ホコリなど)

(対策)分解清掃もしくはエアーで周囲のホコリを除去する。

放熱問題により処理が遅くなるというのことは良くあります。

ホコリなどにより本体内部が冷却できなくなると一時的にパフォーマンスが低下し、処理遅延に繋がります。

通常インターネットだけしている時は感じないですが、いろいろな処理が重なると、とたんに処理が遅くなります。

hokori

本来であれば分解清掃が良いですが、できない人は、とりあえず、内部のホコリなんかをエアーで除去し、冷却できるようにしてください。

サクサク動くようにしたい

さらに操作性を向上させたい場合はSSD(ソリッド、ステート、ドライブ)への換装をお勧めします。

下記に換装を書いています。

http://dynabook.biz/hdd/19351/

部品サイト

旧機種、新機種、新品バルク、中古、純正パーツなどを取り揃えていますので、興味のある方は是非ご覧ください。
パソコンDIY セルフメンテナンスを是非楽しんでください。

ダイナブック/サテライト部品販売

 - トラブル(ハード)