パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLab

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

東芝 dynabook RX3 R730/R731/R732の分解・解体 パーツの外し方

      2017/01/06

こちらは作業メモですが、必要な方は参考ください。

RX1/RX2シリーズから一新し、新たに15.6ワイドモニターを搭載したdynabook RX3/R731/R731ですが、どういう構造になっているのでしょうか?

簡単に分解してみましたので、参考になればどうぞ!

型番:PR731BAAU3BA53 ドライブ非搭載モデル

r1

型番:PR731BAAU3BA53 ドライブ非搭載モデル

r2

バッテリーを外します。

r3

メモリーカバーを外します。

r4

メモリ設置個所そばにネジがありますので、それを外します。

r5

HDDカバーを外します。

r6

HDDは外してください。

r7

PCカード用のフラットケーブルを外します。

r8

上部ベゼルにMBが設置されているタイプです。赤枠部分にキーボードが貼られています。

r9

シンプルな構造です。軽量化されている痕跡があります。

r10

ここまでは簡単に外せました。

時間が無かったので、これ以上の分解はしていません。

キーボードの交換はRX1/RX2系と同様でキーボードを本体から剥がすやり方になります。

続編

液晶ヒンジ部の外し方をアップしています。

手順は下記を参考にしてください。

(対象機種)
dynabook R730 R731 R732 R643 R64 RX3 R73 R73U
Satellite B35 B45

dynabook T85/AB(PT85ABP-BJA2)
dynabook T85/AG(PT85AGP-BJA2)
dynabook AZ15/A(PAZ15AB-SNA)
dynabook AZ35/A(PAZ35AB-SND)
dynabook AZ55/A(PAZ55AB-SNA)

(液晶ヒンジの外し方)
http://dynabook.biz/reduce_pc/9129/

 - パソコン分解 ,