パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLabo

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

東芝 dynabook KIRA V832 分解/キーボード交換

   

最近、dynabook V72を購入したので、今まで愛用していたKIRAが不要になりました。

本来なら中古市場に出すのですが、私はそんな勿体ないことはせず、分析します。

従って、延び延びになっていたキーボード交換と完全分解を実施しました。

キーボード交換はマザーボードを完全に取り外さなければできませんので、ちょっと面倒ですが、時間をかければ難易度はそう高いことありません。

コネクター繋ぎ漏れ、接触不良等を起こさなければ大丈夫です。

スポンサーリンク


分解

早速新品のキーボードに変えます。

ネジの構成は下記のように3mネジ、6mネジ、10mネジです。3種類あります。

裏蓋を開けるとこんな感じです。

バッテリー用のコネクターを外します。

タッチパット用のフラットケーブルを外しておきます。

バッテリーが外れます。

ファンも取ります。

128GBのSSDを取り外します。

スピーカー用のケーブルなのでしょうか?

フラットケーブルを取ります。かなり小さく基盤を作っていますね。

wi-fi基盤とUSB、イヤホン基盤を取ります。

コネクターを取ってください。

それぞれのコネクターも外してください

マザーボードが外れます。

絶縁シートも剥がします。

矢印のネジを外します。

53個のネジを外します。

キーボードが取れます。

キーボードが間違いないか?確認します。

新しいキーボードを装着します。

1つ1つ締めていきます。ネジは53個ありますので、根気が必要ですね(笑)

完成!

電源を入れて問題なくキーが効けば終了です。確認ができるまでネジ止めはしないようにしてください。

所感

かなり凝縮して作られていますので、凄いです。

マザーボードもかなりちっちゃめ?

当時の最新のテクノロジーが作り上げたものなのでしょう。

メンテナンスはし難いですね(笑)

 - キーボード交換, パソコン分解