パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLabo

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Windows Defender の停止・無効(リアルタイム保護がオフにできない時)

   

一般的に考えてウィルスセキュリティが2つ入っているのはどう考えてもおかしいです。

さらには起動が非常に遅くなった感じがします。

OS上で互いに共存してくれれば良いですが、そんなに都合良く行かないと思います。

昔はウィルスセキュリティを新たに入れるとwindows defender が「無効」になっていましたが、最近はタスクマネージャーを見ても「有効」のままです。

下記のスタートアップアイコンを見てもカスペルスキーとWindows Defenderが共存しています。

カスペルスキーをメインにするため、windows defenderは無効にしたいとおもいます。

スポンサーリンク


windows defenderを停止する

一般的には停止の仕方を説明すると下記です。

スタートバー右側になるスタートアップアイコンのwindows Defenderマークをダブルクリックします。

下記のウィンドウがガイダンスされます。→をクリックします。

「ウィルスと脅威の防止の設定」をクリックします。

リアルタイム保護「オフ」にします。

ただ、オフにならないケースがありますので、オフにならない場合は下記をしてください。

オフにならない場合

スタートバーの「ここに入力して検索」欄→msconfigを入力してEnterを押します。

「スタートアップ」タブをクリック

「タスクマネージャーを開く」をクリックします。

有効になっていますので、これを無効にします。

右クリックして「無効化」を選びます。

再起動します。

Windows Defenderのアイコンが無くなっていると思います。

終了

 - トラブル(ソフト)