パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLabo

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ちょっとした油断が引き起こすパソコンメンテナンスの危険とは

   

30年くらい東芝パソコンのメンテナンスをしていますが、結構失敗が多いです。

従来のノートパソコンに比べると最近のノートパソコンは構造がシンプルになり、セルフメンテナンスがし易くなったと思います。

ただ、その反面、機器の精密度が上がり、簡単に考えていると痛い目に遭う場合があります。

先日もやってしまいました。

dynabookメンテナンス中にコネクター止めでやってしまったのです。

慎重にならずに電源ON!

基盤のチップが「ぼふっ!」と言ってふっとびました(笑)

スポンサーリンク


失敗談

液晶コネクターを入れて映像の確認をしようと・・・

いつもと違う、何となくではありますが、コネクターの押しの違和感?でしょうか?

そこでもっと慎重になれば良かったのですが、何も考えていなかったのでしょうね。

電源ON!

煙が出ました。

良く調べると

これで電源を入れるとピンとピンがくっついるので、ショートします。

そう、一瞬で「ぼふっ!」となり煙がでるのです

これでパソコンはご臨終。。。

ちょっとした油断が引き起こすトラブルです。

セルフメンテナンス、つまりメーカーパソコンDIYは長く使って、環境にも良いと思いますが、一つ間違えれば寿命を早めてしまうのです。

先日も下記の記事で注意喚起!

充分注意してやりましょう!

では。。

 - その他