パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLabo

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

知っておきたい!windows8/8.1から変更された設定(セーフモードなど)

      2016/01/05

truble_7.

windows7の時はできたのに?」

ということが多くなりました。

起動についても、設定についても、ハードウェアの概念がwindows8/8.1、windows10になって少しずつ変わってきています。

windows8/8.1からはセーフモードキーのF8は無効になっているので、その類の選択は「オプション選択画面」からやります。

スポンサーリンク


オプション選択画面

windowsが正常に起動している場合

「windowsキー」+「I」又は右下コーナーにマウスを持っていくと下記の右画面(設定画面)がでますので、SHIFTキーを押しながら「再起動」を選んでください。

truble_0

オプション選択画面がでます。

truble_2.

windowsが起動できな場合

↓「0(ゼロ)」キーを押しながら電源ON。dynabookロゴがでたら手を放すと下記画面になります。「はい」を選びます。

truble_8

↓キーボード種類を選ぶ画面で「Microsoft IME」を選びます。

truble_9

以下は同じ手順

参考にセーフモードで起動したい時は下記を実施してください。

セーフモードで起動する場合

↓「トラブルシューティング」でいろいろできますので、まずそれを選びます。

truble_2.

↓「トラブルシューティング画面」の詳細オプションを選びます。

truble_3.

↓詳細オプションで従来の機能がありますので、これを利用してください。

truble_4.

セーフモードは「スタートアップ設定」を選び、再起動してください。

そうすると次の画面でセーフモードのメニュー(4,5,6)が選べます。

1)デバッグを有効にする
2)ブートログを有効にする
3)低解像度ビデオを有効にする
4)セーフモードを有効にする
5)セーフモードとネットワークを有効にする
6)セーフモードとコマンドプロンプトを有効にする
7)ドライバー署名の強制を無効にする
8)起動時マルウェア対策を無効にする
9)障害発生後の自動再起動を無効にする

詳細オプション
①システムの復元
PCに記録された復元ポイントを使ってwindowsを復元します。
②イメージでシステムを回復
特定のシステムイメージファイルを使って回復します。
③自動修復
windowsの読み込みを妨げている問題を修正します。
④コマンドプロンプト
高度なトラブルシューティングのためにコマンドプロンプトを使います。
⑤UEFIファームウェアの設定
PCのUEFAファームウェアの設定を変えます。
⑥スタートアップ設定
windowsのスタートアップ操作を変更します。(セーフモードなどを選べます)

参考(動画で解説)
http://dynabook.com/assistpc/faq/pcdata2/614192.htm#tejun

 - ユーティリティ