キーボード1つだけ修理 dynabook R632/H R632/G

キーボード交換/修理

スポンサーリンク

難しいバタフライタイプ

このモデルのキーボードは、ちょっと変わった構造(バタフライ構造)をしているため修理は難しいです。(dynabook R732などにも同様のものがあります)

ちなみにノートPCは同じモデルで見た目は同じであっても、構造が異なるキーを使っている場合があります。

オークションサイトなどで買ったキートップやパンタグラフが合わない事があるのは、こういう事も原因の一つでしょう。

 

難しいとはいえ、不可能ではありません。とにかくやってみましょう。

尚、このタイプの修理には、(私を含め老眼の方は)拡大鏡が必須です(笑)

キーの壊れ方

このタイプはどんな壊れ方をするか?

経験から言えばほとんどが「キートップ抜け」のようです。

もし、下記のように単なるパンタグラフ抜けであればラッキー!まだ復旧が可能です。

中央のプラスチック部が破損していたら...これはNG。復旧は不可能ですね。

残された道はキーボードの丸替えか本体の買い替えでしょう。

パンタグラフの構造

このタイプのパンタグラフは、下記のように2つの羽が中央の爪で持ち上がるようになっています。

バタフライ式のパンタグラフです。

下の写真を見てください。
2つのパンタグラフは爪同士が重なり、バタフライ構造になっています。上下の方向は赤マークの部分を参考にしてください。

キートップの爪に挟む箇所が上方向になります。

修理方法

下の写真のように爪同士が重なるように爪を中に納めればOKです。

赤矢印の丸い突起を土台に入れ込むのはなかなか難しいです。

正常に収まったかどうかは、片方の羽を持ち上げてみて、両方のパンタグラフが持ち上がるかどうかを確かめて下さい。

キートップ装着

キートップの装着は難しくありません。

裏側の構造をみると4点で止める方式ですので、爪を引っ掛ければよいだけです。

端から斜めに入れ込み

反対側を押すとカチッと言ってロックがかかります。

これで終わりです。

ここまでで終了です。

実際にやってみると、パンタグラフの設置の部分が難易度が高いです。

これはパソコン修理の経験よりは、手の器用さと道具が重要かもしれません。

 

このタイプの部品販売はこちら

パンタグラフは下記で販売していますので、チャレンジしてみてください。

再生部品 東芝 dynabook R632/G R632/H シリーズ キーボード パンタグラフ部品 単品販売
再生部品 東芝 dynabook R632/G R632/H シリーズ キーボード パンタグラフ部品 単品販売
タイトルとURLをコピーしました