パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLabo

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

<安全>パソコンの処分の仕方。ハードディスクの処分の仕方。重要データは完全消去

      2017/02/03

動かなくなったパソコンのデータの消去・処分

data

動かなくなったパソコンを処分の仕方ですが、いろいろあります。

とにかくパソコンを廃棄する場合は記憶媒体(HDD)の処分は必ずしてください。

まずは分解して中のハードディスク(HDD)を取り出すことから始めます。

できなければ専門業者へお願いするのが良いですが、その時、パソコンを丸ごと渡して「処分してください」は絶対にダメ!

ハードディスクだけ抜き取って、それ以外を処分させる方が賢明です。

参考:パソコンの分解

中には「あまり大したデータは入っていないから・・」と

言われる方もいますが、その重要性と言うのは、情報を収集するものが判断するのであって、捨てる側が判断するものではないということを認識してください。

私の廃棄の仕方は分解して、ディスクの読み込みができないようにして廃棄します。

ヘックスレンチ??

という星形のドライバーを使ってHDDを分解します。これは簡単です。

スポンサーリンク


ハードディスク分解・処分

↓工具はホームセンターで売っています。(2000円前後???)

1

↓ネジを外せば、カバーが外れます。

2

↓シールの下にもネジがありますので、お忘れなく

3

↓ドライバーで円盤に傷を入れます。もちろん、ヘッドなどは破壊してください。

4

↓こんな感じで10本崩しました。

5

後は廃棄業者など、機械類を処分するところに渡せば良いです。

不燃物処理できるか?と言うのは各自治体に確認した方が良いかもしれません。

ただ、傷がついた円盤を再生することも可能です。

データの素子が残れば、復元は可能ですが、莫大な費用と時間を要します。

CIAやFBIにはその機関があると思いますが、その心配がある場合は別の方法で処分してください(笑)

捨て方は自由ですが、高度にIT化された社会においては、全てが自己責任になります。

どんなデータであっても、きちんと処分しましょう。!

 

 - その他 ,