パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLabo

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

windows live mailからoutlook2016へ移行できない場合、将来性を考えてBecky internet mailへ変更する

   

windows live mailがフリーズし移行できない。

※この内容はエラーを修復するものではありません。

メール移行でトラブル(Outlook2016に移行できない)場合の代替案を説明しています。

windows live mail の復旧方法などをお探しの方は他を探してください。

ここではwindows live mail からOutlook2016に移行できない場合、今後の運用方法を検討して、Becky internet mailに切り替える方法を説明しています。

OSの変化(windowsのバージョンアップ)などに悩まされず、常に使い続けられる有料メールBeckyは移行も簡単ですし、大容量の保存も安心です。

以下はトラブルからBecky移行への手順を説明していますので、参考にしてください。

スポンサーリンク


windows live mailトラブル

windows7をプラットフォームにwindows live mail 2011/2012を利用してきたユーザーはwindows7サポート終了と共にwindows live mailも変えなければなりません。

引き続き、windows live mailを使えれば良いですが、既にサポート終了になっていますので恐らく無理でしょう

無料のメーラーはいろいろありますが、マイクロソフト製品のPOPメーラーであれば、やはりOUTLOOK抜きでは語れないと思います。

ここでwindows live mailからOUTLOOKにメールを移行する手順を考えると、一旦移行前のパソコンでエクスチェンジにエクスポートして移行前のパソコン側でOUTLOOK側に取り込んでからOUTLOOK形式のPSTファイルを作らなければなりません。

そのPSTファイルを新しいパソコン側でインポートすれば移行完了します。

しかし、現在起こっているトラブルでエクスポート時に下記のようなフリーズ状態に陥るケースがあります。

また、エクスポートしようとしても何も反応しないというトラブルもあります。

即ち、windows live mail からメールがエクスポートできないというものです。

live mailは既にサポートを終了していますので原因究明は難しいでしょう。

経験から言えばwindows live mailとOSとに何らかの不具合があり、モジュールが動かなくなっている為と思います。

こういう場合はデータが破損して、元のメール自体無くなってしまう場合があるので、できればwindws live mailのデータをバックアップし、作業されることをお勧めします。

まずはメールデータをバックアップ

windows live mailのデータは下記のディレクトリにあります。

Cドライブ/ユーザー/「自分の設定したユーザー名」/AppData/Local/Microsoft/windows Live Mail

そのフォルダを丸ごとUSBディスクなどにバックアップするとよいです。

中身をみるとsend Itemは送信済みアイテムで、Inboxが受信トレイになります。

Inboxの中を見るとXXXX.emlというメールデータがあると思いますので確認ください。

では、どうするか?(方法論)

まず、windows live mailを目視チェックし、日付がスペースや件名に文字化けがあったり明らかにおかしいメールなどがないか確認します。

あれば修正して、メールの件数を1000件ぐらいに整理した方が良いです。

そうすると上手くエクスポートでき、移行できると思います。

私は最大20,000件をwindows live mailからOutlookに移行した経験がありますので、件数が直接的にトラブルに関係するものではないと思いますが、作業する上ではメールを整理された方が良いでしょう。

第一、そんな過去のメールが必要か?と言えば、必要ないと思います。

どうしても過去のメールが必要な場合は下記の方法を使ってください。

別のメールソフト(Becky internet mail)を使う

10GBや20GB、30GBなどのレベルで今後大容量メールを保管していく場合はwindows live mailやoutlookなどのメールソフトではデータベースが持たないと思います。

そうすると、早めにBeckyメールに変更していくことをお勧めします。

上記バックアップデータにeml情報がありますので、それをそのまま復元できます。

上記の「windows live mail」フォルダ内のアカウントフォルダ内にInboxのXXXXX.emlデータがあります。

それが受信メール1件1件なので、それをBeckyを使ってインポートします。

Beckyのダウンロード
http://www.rimarts.co.jp/becky-j.htm#download

Beckyをインストールして、起動します。

下記の「ファイル」→「インポート」を選んでください。

下記のボックスがでますので、「OK」で先ほどのInboxフォルダを指定すればインポートで取り込まれます。

これを送信済みトレイのところでsend item(送信済みアイテム)をすれば完了です。

有料メールを使えない場合
上記のようにBeckyはメールのアーカイブとしても利用できます。つまり、「参照」だけ使うという方法です。新しいPCではOUTLOOK2016にアカウントを設定し、新着のメールから受信すれば良いです。過去のメールだけアーカイブとしてBeckyをお試しで利用するという方法もあります。あまり良い方法とは言えませんが、方法論としては成立します。

 - メール関連