ダイナブックをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLab

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Windows live mail 2011をOutlookExpress6に戻す方法 windows7

      2015/10/03

window live mail 2011 はいろいろ問題ありですね。

私のしくじったアカウントの件や、メール単体で検索できないとか、ダウンロードが従来より遅くなっているとか、@マーク以前の「.」が使えないなど、・・・まあ、セキュリティ上問題なのはわかるのですが、だからと言って利便性を悪くするのであれば、マイクロソフトさんもそれを補完する何かを考えて欲しいですね。

さて、愚痴を言っても仕方ないので、OutlookExpress6に戻します。

ネットでもググっても、出てきません。

他でも、windows live maill 2011 もしくはwindows liveメールをOE6(Outlookexpress6)に戻したいと言う方が多いみたいですね。

windows live メールの構造を調べたら、簡単です。

windowsメール、windows live メールも構造は同じ?です

スポンサーリンク


 メールのデータ

まず、下記のようにwindow live メールのフォルダーを辿って、*****.eml ファイルを見付けてください。

*****.emlファイルはメールの1件情報です。その中に添付ファイルが含まれています。

「コンピュータ」のCドライブをクリックすると、下記の画像のようになります。

もし、AppDateがでけなければ隠しファイルが表示されない設定になっているので、フォルダオプションで「全てのファイルとフォルダを表示する」にチェックして、隠しファイルも表示させてください。

remail_1

ここにメール情報が入っています。

下記の赤の枠が生のメール情報が入っているフォルダです。

remail_2

中身は下記の画像のようにフォルダが構成されています。

remail_3

画像のように「削除済みトレイ」、「受信トレイ」、「送信済みトレイ」が各々あります。

各フォルダをUSBメモリか何かに入れて、OutlookExpress6で使うマシンにコピーしてください。(XPのマシンにそのemlファイルをコピーする)

フォルダの中身を見ると、***.eml です。メール単体はこのように「******.eml」 データになっていますので、それを、OutlookExpress6のトレイにドラック&ドロップ(下記イメージ)します。

大量のメールであれば、左下に何件インポートしたかカウントされますので、それを見てください。決して処理が止まっているのではありません。

remail_5

それを「削除済みトレイ」、「受信トレイ」、「送信済みトレイ」分すれば、復活です。

アドレス帳

アドレス帳はwindows live メールからエクスポートして、CSV形式にしてください。

その後、CSV形式をテキストエディタ(メモ帳)で開き、新たにほ「ANSI」で保存し直してください。

そうしないと文字化けします。

具体的には下記のように保存すると気に恐らくUTP-8になっているので、ANSIに直してCSVで保存しなおしてください。

d0242637_1915213

そうすればばっちりです。

では、また!

 - メール関連 ,