パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLab

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

<互換注意>東芝dynabook R631/28E キーボード交換 互換キーボード表記には注意が必要です!

      2017/04/17

今回はdynabook R631/28E(PR63128EMFS)のキーボードを交換してみます。

部品の入手ルートはいろいろありますが、最近ヤフオクでキーボード投げ売りしているので、ちょっと買ってみます。

昔から気になっていたことがあります。

互換キーボード?」と説明してありますが、「これ?互換?」と言うのが時々あります。

微妙なマシンもありますが、明らかに「違うやろ!」というマシンもあるのですが、今回はその微妙なマシンのキーボードを入手して実験してみました。

「東芝 dynabook R700 R730 R731 R631互換」とありましたので、今回それを落札しました。

スポンサーリンク


交換・取付

これがヤフオクで落札したキーボードです。

見た目はR731のものとすぐわかります。

これがメンテナンス用のdynabook R631です。

結構使いこなしたマシンのdynabook R631/28E(PR63128EMFS)です。

キーボードのパンタグラフが取れています。

何かえぐったような感じの剥げ方です。

まず、下記のネジを外します。

色の違いはネジの種類の違いです。

必要な工具は下記です。

ネジを外します。

ゴム足の下にネジがあります。

ヘックスの特殊なネジです。

ヘックス用ドライバーで外します。

(注意)キーボード用のフラットケーブルはこのように設置されていますので、裏面カバーを外さないとキーボードが外せない仕組みになっています。

2本のフラットケーブルがあります。一方は通常のもので、→のものが恐らくバックライト用だと思います。

→の方向にスライドして外してください。

スマホ開腹ツールのへらで→の方向にえぐってください。

使わないキーボードなので思いっきりはぐっていいです。

こんな感じでキーボードは接着しているだけの構造になっています。

ガーン!・・互換ではありませんでした(笑)

ケーブルの位置が違うので設置できません。

標準キーボード:G83C000BZ3JP

互換として売られているキーボード:G83C000C53JP

おまけにバックライト用のケーブルもありません。これは必須ではありませんが、「互換」となると期待してしまうので確認が必要です。

キーボード型番を確認しなかった私も悪いので、今回このパーツはR731用で保管しておきます。

新しい標準キーボードをどこかから仕入れます。

ヤフオクは必ず、型番等を確認するようにした方が良いですね。

説明をうのみにするとひどい目にいますよ。

正規のキーボード裏面です。参考にしてください。

キーボード交換続きは下記でお願いします。
http://dynabook.biz/keyboard/11124/

 

 - キーボード交換 ,