パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy PC Life dynabook

大名武久のdynabook分解修理サイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

マイクロソフト オフィス 2013/2016 添付品(PIPC版)の再インストール手順

      2018/12/11

パソコンの添付品、つまりPIPC版のオフィスのインストール手順です。

製品版のインストールとの違いはマイクロソフトアカウントの重要度の違いです。

製品版オフィスは厳格にマイクロソフトアカウントを管理していますが、添付品のオフィスは決められたパソコン利用が前提ですので、インストール時に借りのマイクロソフトアカウントを作成するだけでインストール可能です。

次回同じマイクロソフトアカウントでインストールする必要はありません。

ですから、適当なメールアドレス(受信可能)でマイクロソフトアカウントを作成し、インストールしてください。

添付品(プレインストールオフィス版)は本体のパソコンとセットという考え方が重要ですので、本体があれば大丈夫です。

スポンサーリンク


インストール手順

まず、下記のインストールサイトにアクセスします。

https://office.com/setup

マイクロソフトアカウントを持っている方は何でも良いのでサインインしてください。

無ければ、受信可能なメールアドレスと任意のパスワードを用意(自分で考えたもの)して、マイクロソフトアカウントを作成してください(作成は簡単です)

作成手順はこちら

お持ちの方はサインインしてください。

メールアドレス、パスワードを聞いてきますので、入力して進んでください。

パスワードを入れてください。

手元のプロダクトキーを入れてください。

その下の欄の「言語」に日本語を選んで進めます。

「次へ」で進むと

今すぐダウンロード」ボタンが出れば押してインストールが始まります。

画面の指示に従って進んでいくとインストールは完了です。

回線の状況にも依存しますが、光回線で約20分くらいと思います。

 - ライセンス関連