パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLabo

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Microsoft Office 2016 プロダクトキー無しの2台目のインストール ライセンス認証の確認

      2017/10/12

プロダクトキー無しで2台目のインストール

マイクロソフトオフィス2016は一人二台のインストールが可能です。

メインのマシンとサブマシンという概念ですので、単純に2台入れると明らかにライセンス違反になります。

2台目もマイクロソフトアカウントでインストールするのですが、二台目のインストールはプロダクトキー無しでもインストール可能です(マイクロソフトアカウントが必須)

複数のマイクロソフトオフィスを一つのアカウントで管理すると後々便利なので、これからインストールする方は管理方法を整理すると良いです。

今回はプロダクトキー無しでマイクロソフトアカウントだけでインストールする方法を説明します。

スポンサーリンク


インストール

最初のインストールはマイクロソフトアカウントとプロダクトキーの紐付けがありますから、プロダクトキーは必要ですが、二台目は不要です。

二台目のインストール

まず、オフィスセットアップページにアクセスします。(こちら

マイクロソフトアカウントのメールアドレスをいれます。

マイクロソフトアカウントのパスワードを入れます。

※ここから通常とは異なります。

ここでプロダクトキーを入れますが、カードを無くしたり、分からない場合は、アドレスバーにoffice.comと入れます。

直接アドレスバーに下記を入力し、オフィスのトップページへ言ってください。

オフィスのトップページになりますので、「マイアカウント」を選んでください。

対象のアカウントでインストール済のマイクロソフトオフィスシリーズが分かります。

インストール」ボタンがあるので、それをクリックします。

保存」ボタンにある「名前を付けて保存」を押してください。

ダウンロードフォルダに保存します。

「実行」を押します。

インストールが開始されます。

インストールは20〜30分程度と思いますが、回線速度に依存しますので、時間はわかりません。

通常で約20分~30分程度で終わります。

完了したら、ショートカットをデスクトップに出します。

全てのプログラムからエクセルもしくはワードなどの製品を探してください。

あれば、それを下記のように右クリックして「その他」→「ファイルの場所を開く」で辿ってください。

プログラムがあれば、右クリックの「送る」→「デスクトップにショートカットを作る」を選んでください。

ショートカットができました。

エクセルを起動します。「同意する(A)」

正常に起動します

ライセンス認証もされていますので、インストール完了です。

以上です。

※マイクロソフトの画面はバージョンアップしていくので、多少異なるかもしれませんが、基本的な考え方は同じです。

 - ライセンス関連