パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLab

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

東芝 dynabook R634/R644/R645/R63/R63P バッテリーの取り外し方(交換方法)

      2017/10/13

dynabook R634/R644/R654などは薄さを重視している構造になっているのでバッテリーが簡易脱着できないようになっています。バッテリーの交換はまず裏蓋(底面)を外し、簡易的に分解しなければなりません。

そのバッテリーを取り外す(交換)する分解方法を説明しています。

必要であれば参考にしてください。

関連機種:dynabook R634/R644/R645/R63/R63P Portege Z30

スポンサーリンク


バッテリー取り外し

ドライバーとスマホ開腹ツール(へらのようなもの)があれば裏蓋は外れます。

赤丸がネジ止めされている箇所で、青マルは目隠しされている部分にネジがあるものです。

ねじ止めされてある箇所のネジを外します。

中央部のカバーを外してネジを外します。

後部のゴム足部も外し、中のネジを取ります。

隙間を見てスマホ開腹ツールで開きます。

このように裏蓋が外れます。

下記赤枠がバッテリー部になります。

dynabook R634などのもバルPCはスタンダードノートのようにバッテリーが簡易脱着不可能なので、このように取り外さなければなりません。

コネクターを外すとバッテリーが外れます。

型番:PA5136U-1BRS DC14,8V

以上です。

 - バッテリー型番 , ,