パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLabo

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

東芝 ダイナブック・サテライト メモリ増設後、windowsが起動しない。

      2016/08/14

メモリ増設

kidoushinai

稀にメモリ増設後にパソコンが立ち上がらないということがあります。

その場合、下記が考えられますので、一度試してみてください。

改善する場合もあります。

スポンサーリンク


起動しない場合

起動しないというのにもいくつかの種類があります。

画面真っ暗いで「うんともすんとも言わない」の場合は起動プロセスが動かない状態ですので下記をお試しください。

スロットの緩み

メモリがきちんと挿さっていない場合がります。もう一度取り出して、下記のようにカチッ!と言う間でしっかり差し込んでください。

no_ram1

増設スロットの不良

増設側のスロットが何らかの原因で故障している場合に発生します。

もう一方(標準)のメモリを抜き、増設メモリを差して起動してみてください。

起動すれば、スロットの故障が考えられます。

何度やっても結果が同じであれば、修理されることをお勧めします。

東芝コールセンター
0120-97-1048

メモリの規格違い

規格が違うメモリで動作しません。

但し、PC3-12800とPC3-10600 などは互換がありますので動作する可能性もあります。

no_ram3

一度、東芝のサポートセンターへ相談し、そのメモリが増設可能な規格か?否かを確認されることをお勧めします。

東芝コールセンター
0120-97-1048

その他

メモリは相性がある?と言われる方が居ますが、デジタルの世界で相性などありません。

規格が同じでもチップセット等の処理プロセスによっては動作しないメモリも極まれにあります。

その場合は動作し難いメーカーや製品と言った方が良いでしょう。

ですから、動作済みメモリメーカーの増設メモリを購入されることをお勧めします。

過去、東芝パソコンで確実に実績あるメモリメーカーは下記の3社です。

実際の製品のメモリとして使われています。

①サムスン(SAUSUNG)
②ハイニックス(hynix)
③マイクロン(Micron)

logo

増設の場合は私の経験で上記3社が確実に適合します。

国内メーカーではバッファローやIOデータなどがサードパーティー製のメモリを販売していますが、過去1回動作しなかったものもあります。

動作しないというのは極めて稀ですが、100%無いということもありません。

メモリメーカーも動作確認ということであればまだまだ追い付いていません。新しい機種になればなるほど、それがあります。

一番良いのはメーカー推奨品などカタログで紹介されているメモリを使うことをお勧めしますが、非常に高額になります。

ですから、量販店等で購入する際に本体と同時に店員に選んでもらうことが良いです。

購入後であれば、量販店の店員に相談するなどして、動作しなかった時のことを考えてご購入ください。

安いからと言って、規格だけ合わせて購入し、動作しなかった時は誰が保証してくれるか?

ということになります。

また、メモリ増設はその効果、つまり増設分のパフォーマンスを最大限に引き出せるか?というのもあります。

できれば上記3メーカーのチップを使われると、比較的安心かと思います。

是非、ご参考にしてください。

 - メモリ増設