操作が遅いdynabook B35/R をSSDにして一括環境移動

SSD化

Satellite B35/RのCeleronモデルでメモリ4GBは恐ろしく遅いですが、メモリを8GBに増設して、SSDに換装するとまだまだ使えます。

セルフリペア初心者の方は是非、第一歩として換装ください。

新品 SATA-USB 3.0 変換ケーブル 2.5インチデータ抽出 SSD/HDD用 USBアダプター No.210125-6
パソコンが起動しない時などにHDDやSSDを壊れたパソコンから抜き取りデータを抽出します。また、外付けHDDやSSDなどにも利用可能です。便利なUSB3.0のケーブルです。
スポンサーサイト

移行ツールを利用

さて、今回利用ツールは以前使ったmini tool partition wizard Pro(有料版)を利用します。

上記写真のようにUSBの接続ケーブルで交換先のSSDをつなぎ、その中に今までの環境をそっくりそのまま移します。

ダウンロード先(現在は有料版になってます)

最高のパーティションソフト - MiniTool Partition Wizard プロ版
プロなパーティション管理ソフトウェアとして、MiniTool Paritition Wizard プロ版にはベーシックディスクの管理とダイナミックディスクの管理機能が含まれています。ベーシックディスクとダイナミックディスクの両方を1つのツールで管理できます。

PC環境の移行

インストールした状態が下記です。

左側にSSDへの移行のボタンがあります。

下を選んでください。

 

移行先は全部消えますというメッセージがでますので、「はい」で進んでください。

 

 

 

「適用」を押してください。

15分~20分で移行完了します。

「OK」押してください。

HDDからSSDに変更

もともとついていたHDDを外して

SSDに変更します。

無事起動で終了です。

HDDからSSDに無事換装です。

このツールは1ライセンスで3台インストール可能です。

その為、人のSSD移行などする場合は要注意でしょう。登録者数が制限値に達しましたとガイダンスがあります。

以上

dynabookリペア部品を探す

dynabook Satellite Qosmio(一部の機種)dynadesk Equiumなど旧東芝製パソコンのリペアパーツ(修理部品)を探したい方は下記のバナーからお入りください。

ダイナブック部品販売

タイトルとURLをコピーしました