MiniTool Partition Wizard有料版! dynabook R73/UをSSDに換装 簡単SSD移行ツール利用

SSD化

スポンサーリンク

モバイルPCをSSD化

最近のモバイルパソコンのHDDモデルは何となく遅くなったようい思います。

ハードディスク壊れてるのかな?と思うくらい起動が遅いです。

私が思っているのがdynabook R73シリーズなのですが、中でもR73/D、R73/Uあたりが何となく怪しいです。

これは恐らくwindows10のテクノロジーにHDDの読み書きが追い付いていないことなのでしょう。

メモリを増設するという方法もありますが、これはあまり効果がないように思っています。

そこでSSDを考えます。

動作を速くする方法

手っ取り早いことはメモリーの増設です。

裏カバーを外してモジュールを組み込むだけですから意外と簡単です。

ただ、これでは根本の解決にはなりません。

最大のポイント

データのアクセス速度を速めるにはハードディスクをSSDに換装する方法が一番良いです。

一からの換装ではなく、現状のHDDをそのまま移行するという方法が簡単です。

つまりクローンを作り、そっくりそのまま入替ということになります。

今回、使うツールはMiniTool Partition Wizard無料版!です。

実際はパーティションをコピーして、クローンを作るだけですから、無料版で充分だと思っています。

そのあとは拡張版のメリットを考えて、有償版に切り替えれば良いです。

こういうツールは1つ持っておいた方が良いですよね

無料パーティション管理ソフト - MiniTool Partition Wizard 無料版
世界中に認められている人気最高の無料ディスクやパーティション管理ソフトウェア。必須機能はすべて備えており、Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP上のディスクやパーティションの操作ニーズを安全且つ素速く満たします。

コピー先のSSDを設定

先ずは既存のマシンからSSDのクローンを作ります。

今回は軽量化にも拘るので、M.2用のアダプターを用意します。

これが重さ29gです。

ちなみに標準のユニットは12gでした。

M.2のSSDを装着します。500GB

同梱のねじで固定します。

カバーを被せます

SATAのUSBアダプターでHDDモデルのdynabook R73/Uに装着します。

M.2 SATA 変換 NGFF SSD to SATA3.0 アダプタ ケース
M.2 SATA 変換 NGFF SSD to SATA3.0 アダプタ ケース
交換用SSD - 再生部品工房 ダイナショップ福岡本店(dynabook DIY)
dynabookに相性の良いSSDやSSD増設ユニット、SSDアダプターなど、メンテナンスに必要なSSDを集めました。

dynabook R73/Uの中でUSBで認識していることを確認してください。

ソフトをインストール

MiniTool Partition Wizard無料版をダウンロードします。

ダウンロード先
https://www.partitionwizard.jp/free-partition-manager.html

ダウンロードボタンを押すと下記がでます

下記のように「名前を付けて保存(A)」を選びます。

保存してください。

「実行」ボタンを押すとインストールが始まります。

インストール先は下記で良いので、「次へ」で進んでください。

セキュリティソフトが入っている人は競合する場合があるので、下記の「チェック」を外してください。

インストール開始します。

インストールが終わると有償タイプのアナウンスがでますので、興味があれば中身を見てください。

メニュー画面がでます。

「OS移行」を選びます。

するとメイン画面がでます。

HDD→SSD移植

ここからが移植の始まりです。

気合入れてやりましょう。バージョンは11.4です。

ちょっと日本語の解釈に戸惑うかもしれませんが、赤マークを選んでください。
※B.私はオペレーティングシステムを別のハードディスクに移行しようと思います。元のハードディスクをそのままにPCを保持します。

これはつまり、既設のHDDのハードディスクの中身を別のハードディスクにコピーして、元のハードディスクはそのまま保管しておきます。

次にコピー先(USBに繋がったSSD)を選びます。

無い場合は付けなおしてやり直してください。

あればそれを選びます。

ディスク全てのデータが破棄されます!と警告がでますが、「はい」で進んでください。

赤矢印の「2.パーティションをサイズ変更せずにコピーする」を選びます。

完了で抜けてください。

イメージがでますので、「左上:適用」を押せば移植がスタートします。

確認メッセージがでます。

コピーが始まります。

Cドライブが起動し、OSが立ち上がっているのでコピーできません。「今すぐ再起動」を押し、DOSの状態でコピーを続けます。

再起動すると下記のような画面になります。

ここにパーセンテージがでます。相手がSSDですので、早いです。

終われば、そのままwindows10が起動します。

USBから内臓へ

次に、クローンを作ったSSDをUSBから取り外し、dynabook R73のHDDと交換し、内臓します。

スイッチを押すと立ち上がります。

そして、正常に立ち上がったwindows10を何回か、再起動して、良いくらいに起動時間を計測しました。

なんと!20秒で起動です。

HDDリカバリーはどうなったか?

大名武久
大名武久

ここが最大ポイントなんですけどねェ~

クローン生成ツールでdynabookが唯一成功しないことがHDDリカバリーエリアのコピーです。

これができるか?

大名武久
大名武久

やっぱりだめかぁ~

やはり、できませんでした。残念!。。

これができれば完璧ですが、上手く行かないものです。

やはり、東芝の場合、HDDのMBR情報はOSレベルでは取れませんので、成功はしないと思っていましたが、やはりだめでした。

大名武久
大名武久

これができるソフトがあればいいんですけどねェ~

以上

 

タイトルとURLをコピーしました