検証1!東芝のリカバリー領域(DtoD)を一括コピー windows上ではできない Todo Backup Free 9.0

リカバリー関連

※2016/1/26に再チャレンジして成功していますので、興味がある方は下記を参考にしてください。

検証2 HDDのリカバリーエリア(D to D)を丸ごとコピー(東芝パソコンの完全HDD換装)

1

大容量のハードディスクが量産されるようになり、安価で手に入るようになりました。

その為、HDDの換装がやり易くなりましたが、HDDのRECOVRY領域を移動することが簡単にできませんでした。

過去フリーソフトなどで苦労した記事がこれです

過去の記事
HDDリカバリー領域(HDDRECOVRY)を別のHDDへ移動(コピー)

上記で容量が違うハードディスクにDtoDの領域を移す方法を見つけるのが難しかったです。

ネットでいろいろ探しましたが、良い方法が無かった為、こういうやり方をしました。

これが2009年の9月の記事ですから、あれから約6年・・

ここで改めてトライしてみたいです。

簡単にコピーができれば東芝ユーザーにとっては画期的なHDDの換装ツールになります。

やろうと思えばできないことはないですが、あくまでも「簡単に・容易に!」と言うのが理想と言えば理想です。

態々、リカバリーしてDtoDの領域を改めて作らなくて済みます

今回はTodo Backup Free 9.0(無料)のコピーツールのクローン機能を使ってみます。

検証内容

パソコン(dynabookのD to Dがあるもの)の環境をwindows上(起動状態)で丸ごと別のディスクにコピーしてクローンのディスクを作成します。

ディスクを入れ換えて起動確認とハードディスクリカバリーが正常にできるか?です

ここを検証します。。あくまでも簡単にできるか?が重要なポイントになります

必要なもの

パソコン一台(dynabook)

ソフト:Todo Backup Free  9.0(無料)ダウンロード

ハード:USB SATA用ケーブル ×2本 パソコン×1台

環境

dynabook T552/36HB (windows8)

HDD1(コピー元):T552の環境750GB(HDDRECOVRY:windows8)

HDD2(コピー先):新品(日立)1TB

実施状況

Todo Backup Free 9.0をダウンロードします。

1

メールアドレスを登録します

2

ダウンロードサイトが案内されます

3

クリックして「実行

4

OK

5

次へ

6

同意する

7

デフォルトのフォルダへインストール

8

次へ

9

次へ

10

インストール開始

11

完了

12

とりあえず、無料版でするので、「後で」

13

そして「クローン」を作成する

14

コピー元を指定(750GB)

15

コピー先を指定(1TB)

16

そして実行

17

データが失われるという案内なので「OK」

18

1時間程度?でクローン作成完了。そして、HDDを交換

19

設置完了

20

起動OK!・・ここまでは大丈夫。

21

次に問題のHDDリカバリー起動

22

はい!

23

残念エラー・・

24

Recovery

Your PC needs to be repaired.

The application or operating system couldn’t be loaded because a required file is missing or contains errors.

File: windowssystem32winload.efi

Error code: 0xc0000225

You’ll need to use the recovery tools on your installation media. If you don’t have any installation media (like a disc or USB device), contact your system administrator or PC manufacturer.

Press Enter to try again
Press F8 for Startup Settings
Press ESC for UEFI Firmware Settings

リトライ

 

※2016/1/26に再チャレンジして成功していますので、興味がある方は下記を参考にしてください。

検証2 HDDのリカバリーエリア(D to D)を丸ごとコピー(東芝パソコンの完全HDD換装)

ダイナブック部品販売(リカバリーサポート)

タイトルとURLをコピーしました