パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy PC Life dynabook

ダイナブック ブログ!大名武久のリペアライフブログです。

*

軽い!手で包み込む感じのホールド感 dynabook G83/M

      2020/01/29

スポンサーリンク


バックに入れたくなるノートPC

モデル機種:dynabook G83/M PG83MTJCG37AD21 カタログ

私のノートパソコンの理想はバックに入れたくなるようなパソコンなのです。

このバックに入れたくなるような・・・

というのが難しいですが、単に軽い!というだけではなく、手のホールド感、処理スピード、もちろん、本体のプライスもです。

それと頑丈さ?でしょうか?

バックに入れて持ち歩いても壊れなさそうな感じがするボディ感ですね。

ノートPC売上トップのレッツノートはそれがあるので、恐らくビジネスマンに人気があったのだと思います。

しかし、レッツノートはキータッチがいまいちです。

総合評価

今回のdynabook G83は私の理想のパソコンにかなり近づきました。

ただ、まだ完璧ではありませんが、少なくともレッツノートは超えられたと思います。

キーのタッチ感もG83の方がかなり上です。

プライス面も恐らくG83の方がリーズナブルと思います。

エッジの安定感

この発想が独特ですが、G83のこのエッジの安定感が良いです。

過去リリースされたdynabookシリーズもこのエッジのフォルムと同じようなものが数機種ありますが、どちらかというと本体の薄さでこのエッジの安定感を殺していたような気がします。

ですが、G83はこのコーナーのエッジも安心です。

そしてこのエッジのスマート感もです。

気にならない人もいると思いますが、この丸みと角みがその丈夫さをアピールしています。

こんな風に手の中でがっちりフォールドでき、とにかく軽いので、持っていても「落とすかもしれない」というストレスが無いのです。

だから、写真のようにそのまま持ち歩くことが多くなりました。

欲を言えば、あまり薄くせず、やや厚く、軽くした方が安定性が増すと思います。

パソコンは薄けりゃあ~良いという訳ではなく、丈夫さと軽さです。

時代に逆行しているかもしれませんが、ノートパソコンはスマホと違ってバックに入れますので、持ち運び易いものが良いです。

ボディが丈夫なものが好まれますし、レッツノートが今までトップを走り続けてきたのは軽いということもそうですが、やや厚みがあり頑丈に出来ていたからです。

今後はダイナブックにそれを期待したいですね。

以上

 - 商品紹介