壊れたものを活かす!富士通 Lifebook U939/Cにマザーボードを移植してみた

dynabook以外のPC

結果だけ知りたい方にとってはこのページの内容はちょっとうざいかもしれませんので、下記どうぞ!

結果だけ知りたい方は下記がdynabook以外のリペア専門ページですから、富士通はそちらがメインです。

富士通 Lifebook U939/AのマザーボードをLifebook U939/Cへ移植した
モデルPCLifebook U939/A FMVU19011(2019年5月発表)Lifebook U939/CX FMVU2604EP(2020年 2月発売)動画マザーボード移植このモデルのメンテナンスやセルフリペアはそんなにハードルが高
スポンサーサイト

Lifebook U939 シリーズ

富士通はあまり知らない機種ですが、2年前くらいに「あおげる!パソコン」のCMが脳裏に焼き付いて、それを思い出して機器を購入し、記事を書いています。

ただ、パソコン紹介にはちょっと古いので、今回はマザーボードを移植してみました。

モデルPC
移植元 Lifebook U939/A FMVU19011(2019年5月発表)
移植先 Lifebook U939/CX FMVU2604EP(2020年 2月発売)

壊れたU939/CXがあったので、U939/Aの中古マシンから、マザーボードだけ抜き取って、U939/CXに移植するだけの話です。

ほぼ中身は一緒ですね。

使ってみた

とにかく、軽い!

思ったよりも軽いし、丈夫ですね。

ポイントはdynabookの最軽量PCのdynabook G83/HSよりキータッチにロスがありませんので、非常に使い易いです。

私のモバイル評価ポイントは軽さとキータッチそして丈夫さですね。

このU939/Aが3年くらいのモデルですから、恐らく現行モデルはさらに進化しているか?悪くなっているか?

でしょうね。

移植ポイント

このモデルは構造がめちゃくちゃシンプルです。

dynabookのように「壊れないかなあ~ドキドキ!」というリペアポイントがありません。

何より細いケーブル類が少なく、何となくごちゃごちゃしていませんから安心してリペアできます。

セルフリペア用モバイルですね。

マザーボード取外し

マザーボードの取り外しはまずバッテリー外して、①~⑧のコネクター、ケーブルを外して、ネジを取るだけです。

①スピーカーコネクター
②電源ジャックコネクター
③液晶ケーブルコネクター
④マウスパットケーブル
⑤キーボードケーブル
⑥wi-fiアンテナケーブル
⑦ファンコネクター
⑧指紋認証ケーブル

以上、また、いろいろアップします。

タイトルとURLをコピーしました