パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy PC Life dynabook

ダイナブック ブログ!大名武久のリペアライフブログです。

*

-->

動画用撮影キットの導入

   

自分のYOUTUBEの動画のクオリティが悪すぎますね!

素人?

もちろん、素人ですから良いんですけど、動画のクオリティを上げていくためにどうすれば良いか?

ちょっと考えてきました。

ベースになるのはグーグル先生ですが、いろいろな方の経験談と自分なりの撮影エピソードを考えて決めたのです。

スポンサーリンク


決め方

クオリティはライティングが重要らしいです。

ですから明るさなどが細かく設定ができ、かつバッテリーが外だしのLEDパネル照明を探して買いました。

これが3500円くらいですから安いです。

失敗しても痛くない価格ですね(笑)

3000円クラスのLEDパネル照明は内臓バッテリーが多いんです。

レビューでは持ち運びに便利と書いてあるので、高い評価が付いていますが、内臓バッテリータイプはパソコンで経験したことを考えれば利便性が非常に悪いです。

バッテリーが交換できない?というIT機器は全く使い物になりません。

リチウムですから必ず劣化しますが、本体ごと買い替えなければなりません。

やはり交換できるものが絶対良いです。

それでこれを選びました。

Viltrox L116T プロ 超薄型 LED ビデオライト

背面にバッテリーを入れます。

ただ、バッテリーは別買いですので、合計6,000円くらいになっちゃいました。

そして、上部から撮影するアームです。

これは結構役立ちます。

顔出し無しの撮影ですので、上部撮影は必須ですね。

撮影機材を使っていないビデオだけの撮影

LEDパネル照明を使った撮影

 - 日々の出来事