パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy PC Life dynabook

ダイナブック ブログ!大名武久のリペアライフブログです。

*

-->

デジタルな世界

   

当たり前ですが、世の中には支配する側と支配される側が存在しますよね。

つまり、私もそうですが、国民は全て支配される側になっています。

デジタル社会ではそういう支配する側が都合の良い世界を作らないようにある意味制御していかなければならないと思います。

さて、先日グーグルが量子コンピュータにより、スパコンが一万年かかる処理を僅か200秒で処理してしまう報道がありました。

そうです。

その通りでこれからの社会はデジタルテクノロジーがさらに進化していくため、画期的にスパコンの処理が向上し、何でも瞬時に反応するようになるでしょう。

自動運転に始まり、データ解析、マイニング、そしてプラントコンピューティングです。

今まで時間がかかっていた膨大なデータの処理を瞬時に解析でき、インターネット上のあらゆるデータを監視できるだけの仕組みが整ってきます。

これはある意味脅威でもあると思いますよ。

スポンサーリンク


SNSの脅威

SNSのデータは個人の解析データとしてはもってこいなのです。

個人の思想、家族構成、友人、出身大学、専攻など、自らがこと細かく登録していますので、それにリンクする情報を探すのが非常に容易です。

私もブログを更新していますので、大きなことは言えませんが、ブログの内容からでも私の人物像、習慣、思想、文章の表現の仕方など容易に解析できると思いますよ。

ネット上の膨大なデータを全てAI(人工知能)が監視する時代が近いと思います。

それだけ今は人間の生活にAIが入り込んでいますので、そういう認識で情報を制御していかなければなりません。

私は24歳の時、会社で人口知能の研究チームで少しAIの「A」ぐらいを研究していました((´∀`))。

当時、ファジー理論などの言葉が流行った時期ですが、実はあの頃からAI(人工知能)という技術が研究され、コンピュータの世界で進化していたのです。

では、なぜ今AIが加速しているのか?

当時はハードウェア(コンピュータ)のテクノロジーが乏しく、処理能力が格段に低かったため、ほとんど実用化が不可能だったのです。

AIを活用して何かをするなど程遠い世界で、かなりの時間とコストがかっていました。

せいぜい、洗濯機に人工知能を入れたというキャッチトークか?

掃除機にファジーを入れるなど、軽めの商用利用ぐらいでした。

まあ~使い物にならなかったというのが正直な答えです。

しかし、今はどうでしょうか?

コンピュータ性能が格段に良くなっていますし、半導体のコストなども昔とは全く違っています。

そこに来て量子コンピュータの開発ですからね。

分かると思いますが、これがこのまま進めば、膨大なインターネットに流失している情報を瞬時に整理/解析ができるようになってくるのです。

やはり、むやみやたらに情報をネット上に公開するということはあまりしない方が良いのかもしれません。

そういう意味でもSNSが狙われているということが理解できます。

実際にこのブログの記事も瞬時に解析され、900ページ近くある私の情報から瞬時にいろいろな情報をリサーチすることができるでしょう。

本名はもちろんのこと、家族構成、資産、思考、過去の経歴、病気、交際した女性の名前までわかるかもしれません。

もちろん、顔写真なども簡単にリンクできるでしょう。

あらゆる情報がものの数秒でアウトプットされます。

では、これで何が起こるか?

デジタルの世界はアナログの世界と違って加工が容易です。

簡単にいろいろなものが加工できますので、嘘が本当になる世界と言っても良いです。

これが一番怖いことだと思いますよ。

これを制御しなければ支配する側が自由に世の中を操ることが可能になってしまいます。

監視社会とはこのことなのでしょうね。

では、また!

 - 日々の出来事