働き方などいろいろ変化する時代

日々の出来事

今は情報が速いです。

私が起業した13年前に比べると数倍、いや数十倍も情報が速くなっていると思います。

だから「働き方」だって変わっていく時代です。

起業したての頃はホームページ制作でも数十万、ネットショップ制作でも百万近く請求できましたが、それが今では数万円でできる時代です。

だからこそ、企業の「働き方」を変えて行かなければ会社は成り立って行かないと思います。

特に我々のようなIT系企業は日々新しいことにチャレンジしていかなければならないのです。

ほんとうに疲れます。

スポンサーリンク

時代の変化

報道やメディア関係でも大きく変わってきていますよね。

地上波のテレビを見ているとそれが良くわかります。

まず、内容が無い番組が多いですし、CMも多い上、無理やり記憶にねじこもうとする手法が目に余ります。

ですから、最近はほとんど地上波はみません。

その上、番組がシニア層やそれよりやや下?我々世代向け?に作られている感じがして、若い世代をまる無視しています。

これは成り立っていきませんよ

即ち情報に敏感じゃない人や情報弱者と言われる方をターゲットに番組を制作しているということになりますので、やや騙しが入っています。

ですから、このまま行けば恐らく地上波は衰退していくと思いますね。

だからYOUTUBEだ!インターネットだ!ともいえません。

YOUTUBUもどう展開するか?ということもありますが、未来が本当に分かりません。

ここ最近はそういうインターネット大手メディアの規約が変わったりすることが多くなってきているからです。

ですから、月に数千万稼いでいるYOUTUBERと言われる人達も「安泰」ということはなく、日々変化に対応していかなければならないと思います。

ただ、インターネットというインフラは決してなくならないので、それをうまく利用して安住の地を常に探し続けなければならないのだと思います。

ブーム

NHKもそれを懸念してか?地上派だけではなくインターネット放送を見ている人からも受信料を徴収しようとしているため、国民を敵に回す羽目になってしまいました。

そんな時に「NHKから国民を守る党(通称:N国党)」という政党ができていますので、今まで目に触れなかったことがここ数ヶ月で全国民が知る状態になったのです。

特に今の時代は「森友・加計問題」をはじめ、数々の政治的な事件など、どう考えても理不尽なことがまかり通っているこの世の中になっています。

NHKに関しても各地で係争を起こしており、「えっ?これが国営放送?」ということも沢山あります。

これに対してのその怒りを吸収する形で出来上がったN国党ですが、恐らくこういうしがらみの無い政党は今後「新野党」という形で国民の目を引いていくと思います。

メディア戦略など、新野党にピッタリなのでしょう。

ホリエモンさんなども加わり、現在拡大をしていますので、メディア戦略としてどこまで行けるか?

ちょっと興味深いです。

とにかく、情報が速い今の時代をどう生き抜いていくか?

私もここ数年のスピードは初めての経験なので試行錯誤しながら生きていきます。

専門サイトを立ち上げたり、現在中国語のレッスンに通い、国内ビジネスではなく、アジア全域を考えていきたいです。

基本は楽しく仕事をするということで嫌な仕事は受けませんので、貪欲に面白いことを仕事にしていきます。

来年で52歳ですが、いろいろチャレンジするのは楽しいですね。

以上

タイトルとURLをコピーしました