四代目 dynabook T dynabook AZ シリーズ及びdynabook BJ65/FSシリーズのキーボード交換

キーボード交換/修理

スポンサーサイト

キーボード交換

上記写真のヒンジタイプ(四代目)の dynabook T 又はdynabook AZシリーズはキーボード単体の交換が容易にできません。

下記のようなキーボードパームレストユニットを丸ごと交換するタイプです。

これは初代Tシリーズから二代目、三代目、四代目と変わっていません。

ビジネスモデルとしてリリースされたdynabook BJ65/FSシリーズも同様単品の交換ができないような構造になっています。

下記の赤丸部分をアップします。

このように鉄板をプラスチック溶接しています。

プラスチック溶接を外し、鉄板を取ればキーボード単体が取り出せますので、それを交換して、新たに溶接すれば可能です。

できる方は可能と思います(キーボード単品が入手できれば問題ありません)

分解方法は下記を参照ください。

タイトルとURLをコピーしました