パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy PC Life dynabook

ダイナブック ブログ!大名武久のリペアライフブログです。

*

-->

サポート期限切れ windows7を使わない方が良い簡単な理由

      2020/01/24

スポンサーリンク


犯罪の種類

サポートが終了したwindows7をどうするか?

結論から言えば、近年ネット犯罪の種類が時代と共に変わってきたから古いものは使わない方が良いということになります。

ですから、「パソコンに大事なものは入っていない」「オンラインバンキングをやっていない」から使えるという訳ではなく、怖いのは知らない間に自分が犯罪に関わってしまうということです。

その踏み台にIT弱者が利用されているということになります。

そこを考えて読んでください。

サポート無しのパソコンは危険

やっぱりインターネットは怖いです。

windows7のサポートが本日までですので、明日からwindows10もしくはwindows8.1しか使えなくなります。

今日からマシンが使えません!という訳ではなく、あくまでもルール上の話ですが、ポイントはそれに備えるか?備えないか?の2つだけです。

パソコン買い換え?を悩んでいる人は多いと思いますが、やはりこの分野だけは最新のOS(windows)と最新のワクチンで脅威から脱して欲しいです

どういう人がwindows10にしないといけないか?

一言で言えば「IT弱者」と言われる方です。

詐欺集団や犯罪者たちは常に「自分は関係ない」という方をターゲットにしていますので、インターネット犯罪に対して意識が高い人は直ぐに無視されます。

弱い人達や無知な人だけをターゲットにすることはいつの時代も変わらないものです。

要は「パソコンに大した情報が入っていない」「自分たちを騙しても何の得にもならない」など、「犯罪=自分のパソコン」ではない方が格好の餌食になっているということだけは認識してください。

さて、じゃあどう考えるか?

くどくど言っても理解できない人はやはりできませんので、一言だけです。

インターネットを使いたいなら時代の流れに従う

これだけですね。

これでいろいろなことが防御できます。

犯罪被害など、とにかく当社に相談してくる方が多いですが、やはり皆さん無知な方ばかりです。

最近多い被害

最近多いのがURLに埋め込んだダウンロードプログラムです。

下記がフィルターでブロックされたものですが、コードを見るとスパムサイトなのです。

これは広告を装ったリモートウェアプログラムか?パスワードを搾取されるプログラムと思います。

アクセスしたら埋め込まれます。

windows7切り替え前のここ数ヶ月は非常に多くなりました。

期限切れwindows7ユーザーをターゲット

これは期限切れwindows7を使っている人やieの古いバージョンを使っている人などのIT弱者がターゲットにされています。

プログラムを自然にダウンロードするものですから、いつ、どこで、プログラムをインストールされたか?

一般の方には一切わかりません。

専門家でも肉眼では分からないと思います(笑)

何かおかしいなあ~?すら分からないでしょう。

勝手にパソコンから写真やデータが抜かれるか?

犯罪の踏み台」にされるか?

新しい犯罪のターゲットにされることは間違いないです。

とにかく知らない間に犯罪者と接点を持ってしまうのが今の時代の犯罪だと思いますよ。

アダルトサイトだけではない

今の時代、昔のようにアダルトサイトだけが危険という訳ではありません

一般のサイトが乗っ取られるという事件も沢山あっていますので、よく見ているサイトが侵されていた?ということも少なくありません。

単にお茶の間のテレビに出ないだけです。

ただ、最新のパソコンや最新のウィルスワクチンを入れていてもせいぜい7割程度しかブロックできないのが今の時代の速さなのです。

こういう意味が理解できない場合、やはりインターネットを使わない方が良いです。

それでも使いたいのなら最新のパソコンを使って欲しいというのが私の意見です。

仮にそればビジネスや営利のために世間が騒いでいると思っていても従わざる得ないのでしょう。

とにかく、第一に考えて欲しいのは「犯罪者と接点を持たない」ことなのです。

恐怖とは何?

一言で言えばネット犯罪に関わると誰も助けてくれないということです。

いや?助けられない?が正解かもしれません。

警察は既に一部の部署を除き、インターネットのハイテク犯罪について行っていませんから、これも問題です。

ですから、解決するには高度なスキルを持ったIT会社に高額な報酬を支払って何とかしてもらうということになります。

払えればよいですが、それは極僅かの方たちでしょう。

周囲の警察ではせいぜい「被害届の受理」程度だと思います。

その間にも被害は拡大するのが今の時代です。

まず、どんな犯罪に関わるか?

これが分からないのがインターネットテクノロジーの犯罪ですから、やはり予防は重要です。

仮にパソコンが10万だとすれば、それを惜しんだ代償の方が大きい時もあると思います。

今の時代、テクノロジーに関しては何が起こっても不思議ではないからですね

dynabookのセルフリペア部品を探す

下記バナーからおはいりください。

ダイナブック部品販売

 - ネット犯罪関連 ,