パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy PC Life dynabook

ダイナブック ブログ!大名武久のリペアライフブログです。

*

実験!dynabook R73/DのマザーボードをRX33/CBのボディに移植する

   

スポンサーリンク


リペアパーツを探す

リペアパーツを探す方法を説明します。

今回はR73シリーズですが、R73/37、R73/38などの/数字は除外ですので、ご注意ください。

ヒンジタイプは下記です。

R73シリーズの互換性

dynabook R73シリーズ、つまりR73/A R73/B R73/D R73/F R73/G R73/H R73/J R73/M R73/T R73/U R73/W R73/Y などのモデル型番の互換部品です。

今回は動くR73/Dのマザーボードを動かないRX33/CBのボディに移植するということです。

下記の写真のようにR73/Dのキーボードが壊れていまし、ボディもややキズが目立ちます。

しかし、RX33/CBのボディは意外と綺麗ですし、搭載CPUがCeleronなので、市場価格が割と安めで入手し易いです。

ですから勿体ないので買ってきました。1000円くらい?

見た目同じですのので、部品の互換があるね。。と思いがちですが、dynabookの場合は付けてみない分からないという機種が沢山あります。

レビジョンが上がって微妙に部品が違いますので、ここは注意です!

こんな感じでマザーボードを移植!

RX33を外します。

それでR73/Dを移植!

ばっちり!

SSDユニットを付けます。

ファンを付けて

電源入れればOK!

サクサク動きます。

PCヘルスモニターを見ると全く問題なし!

ファンテスターを起動!

二重丸!OK!

webカメラもばっちりですね!

以上

リペアパーツショップ

下記でR73シリーズリペアパーツ揃えています。

 - 比較