新型コロナ時代の生活の変化!セルフリペアの時代到来

コラム

時代の流れ

今回の4連休はどの行楽地でも人・人・人で国民の新型コロナに対するストレス度が理解できたように思います。

私は昔から人混み嫌いなので、連休などは仕事をしているか?人混みを避けて生活しています。

恐らく、ウィズコロナは居心地が良いかもです(笑)

最近の人の動向を見ていると、ここ数ヶ月は国民の意識の中で3蜜も終わっていて、マスクさえしていれば大丈夫という感じになっていると思いますね。

多分それでも良いのかもしれません。

やはり何かに怯えながら生活していくということが人間がどこまで耐えられるか?だと思いますが、もって、Go To トラベルなどの政府の対策を考えれば半年くらいでしょう。

それ以上になると新型コロナ感染よりもっと深刻な事態になるような気がします。

だから人間という生き物は周囲を見ながら情報収集し、自然に新型コロナに対して適合能力が身に付き、それぞれに対処方法を学習しているのだと思います。

そう考えるとどんどん人間はコロナに関して進化していくので元の時代に戻れるか?といえば難しく、やはりウィズコロナなのでしょう。

社会構造自体がこれから変化していくため、人間はそれに応じてどんどん進化していくと思いますよ。

それが今回の4連休です。

ですから、業界ごとに今はその下準備をするのが賢明でしょう。

一番いけないのは補助金などに頼ったり、誰かに頼ったりするとその適合能力が養われず、1年後そこに存在するか?

ここが分からないと言っても過言ではないですね。

本当に難しい時代になりました。

パソコンセルフリペアの時代

さて、時代が変わると言えばパソコンのメンテナンスも同じです。

今まではメーカー頼みでしたが、時代と共にいろいろなことが変化し、そうも言ってられない時代になりました。

新型コロナがそうさせたか、はてまた時代の流れなのか?

確定的なことは分かりませんが、確実にメーカー修理を敬遠する動きになっています。

私も部品ショップを開業して既に3年が経ちますが、単なるパーツ販売にも関わらず注文件数は予想以上に多いのです。

なぜか?

デフレマインドだと思いますね。

驚いたことは楽天やヤフー、アマゾンのような大手モールに出店していなくてもこれだけの注文と問合せあるということです。

データで言えば、ほとんどこのブログからショップに入っています。

そして問い合わせを分析していくと皆さんが何を考えているか?それが少しずつ分かってくるのです。

では、パソコンセルフリペアをされる方はなぜ?多くなっているのか?

下記がその理由です。

(1)メーカーの修理費用が高い(コロナで収入が落ちたからなど)

(2)パソコンを修理で出せない(重要データや仕事の機会損失)

(3)自分で修理できそうな感じがするからチャレンジしたい(楽しみたい)

確かにメーカーの修理費用だけ見れば元値(パソコン本体)が安いので高いと感じるのは当たりまえでしょう。

15万程度のパソコンが3年くらい経って、修理費が3,4万円したら、一般市民であればちょっと考えますよね。

これも時代の流れでデフレマインドが身についているからです。

全体的に修理コストが時代に合わなくなってきているのがその理由だと思います。

時代と共にメーカーもその対策を取るべきだと思いますが、このハードルは少々高いです。

考え方を外資系メーカーのように180度変えなければなりません。

そこで私は「パソコン リペア研究所」を立ち上げ、セルフリペア活動をしながらもっと、楽しみながらするリペアを提唱しています。

下記サイトを中心にぼちぼちやっています。

パソコンリペア研究所 dynaLabo ダイナラボ
パソコントラブルの自力解決のための総合サイト ダイナブック専門

ウィズコロナ時代だからこそパソコンセルフリペアは必要なことだと思いますよ。

以上

タイトルとURLをコピーしました