パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLabo

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

頻繁に届く、海外のウィルスメール Trojan.Win32.Yakes.***

      2016/10/19

hack

海外メールの添付型ウィルスがまた流行りだしています。

ブランチ型の発散傾向があるもので、一度感染すると、ランダムに感染するものです。

この種のウィルスはレジストリに感染し、情報を書き換えるという悪質なものですので、管理には注意が必要です。

感染源はメールが多いので、POPサーバーで全て削除してください。

情報が少なく、英語を翻訳して解釈したので、確実か?というのは・・・ちょっと自信がありませんが、英語の前後の内容から推測して書いています。

どなたか、詳しい方があればコメント欲しいです

スポンサーリンク


見えない敵

これは「Trojan」ですので、トロイの木馬型のウィルスです。・・・

Trojan.Win32.Yakes.???をググってもやっぱり英文の情報しかありません。これも専門英文ですので、理解するのが難しいですね

こちらはPOPサーバーのF-Secure Anti-Virus Gatewayで検出していますが、このDBにも情報がありません。

8

明らかに理解できるのは、このメールを開くことで、ダウンローダーが起動され、不正なプログラムをバックグランドでインストールされます。

それか、ダウンロードサイトに誘導され、ダウンロードされるか?・・・・どちらかです。とにかく、何かをダウンロードさせられ、レジストリを書き換えられます。

破壊活動型のウィルスではなく、情報収集のマルウェアと思います。

恐らく、カード番号を入手するようなサイトに誘導されると思いますので絶対にカード番号は入れないでください。

それと、誘導されても、無視してください。

どうしようもなくなったら、以前調査したマルウェア対処方法も参考になるかもしれません。

不審なメールは開かない。。。とありますが、これは基本です。

メールを受ける前に削除するようにした方が良いので、プロバイダーを選定し直すなど、今後の対策をお願いします。

 - ウィルス関連