パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLabo

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

常時更新を止める!Windows10のwindows updateを自動ではなく手動にする場合

      2016/10/19

w_top

windows10のアップデートが更新する度に何か設定の不具合が発生する場合は一時的にアップデートを止めるという方法もあります。

windows10のコンピュータの設定はグループポリシーエディター(gpedit.msc)を使います

windows updateの場合はその中にwindowsコンポーネントがありますので、下記のようにそこで設定変更してください。

今まで自動でやっていたものを手動で行うというものです。

スポンサーリンク


自動を無効にする

スタートバーのCortana「〇マーク」をクリックし、検索ボックスにgpedit.mscと入れます。

それかwindowsアクセサリーの「ファイル名を指定して実行する」でも良いです。

w_1

管理者用テンプレートの中にwindowsコンポーネントがあります。

w_2

その中にwindows Updateがあります。

w_3

その中に「自動更新を構成する」があります。

w_4

編集を押します。

w_5

「無効」に設定し、適用を押します。

w_6

実際に無効にした場合は下記のようなガイダンスになります。

一部の設定は組織によって管理されています。

Windows Update

更新プログラムのインストール中に問題が発生しましたが、後で自動的に再試行されます。この問題が引き続き発生し、web検索やサポートへの問合せを通じて情報を集める必要がある場合は以下が役立つ可能性があります。

意味が分かり難いですが、再試行しない限り、このままの状態になっています。

up

問題発生

2016/10/19追加

上記の設定だけの場合はその時点でのWindows update状態にも依存しますが、再起動する場合があります。私の場合は監視カメラで使っていましたので、再起動されると録画用のソフトが終了してしまい役に立ちません。再起動を止めたい場合は下記の設定をしてください。

w_9

無効にします。

w_8

これで解決できると思いますが、引き続き確認中です。

他の設定

設定変更はいろいろ選べますので、用途に応じて設定すると良いと思います。

w_7

 - トラブル(ソフト)