パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLabo

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

弥生販売 スタンダードで年を越えられない?(年度繰り越し処理)

      2016/01/03

会社の見積書作成に弥生販売07スタンダードを利用しています。

会計は税理士の先生に任せているので、見積書だけのシステムです。

2012を迎え、早速、第一発目の見積書作成をしようと思いきや、2011/12/31でカレンダーが終わり、翌年にならない。

「えっ?繰越処理ってあった?弥生販売に????」

確かに弥生会計であれば、繰越処理をした覚えがありますが、2007から使っていて、繰越処理などしたことがありません。

これは「運用期間」が2007/1/1~2011/12/31 までで設定されているからです。恐らく、初期設定で自分がしたのだと思います。

12

こんな時は、年度追加をすれば、直ぐに終わります。
「ツール」→「データ管理」を選びます。

13

年度追加をクリックします。

14

すると、見積書も2012で作成できます。

15

念のため、基本設定で確認します。

16

17

ちょっと焦りましたが、簡単です。

これでばんばん!見積できます。(見積ばっかりではいけませんが。。。。。)

 - トラブル(ソフト)