パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy PC Life dynabook

ダイナブック ブログ!大名武久のリペアライフブログです。

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オフィスパーソナル2019のパソコンに追加でパワーポイント2016を入れたらオフィスが消えた?

   

windows10の64ビットパソコンにプレインストールされているOffice Personal 2019(ワード、エクセル、アウトルック)にパワーポイント2016を追加インストールした時のトラブルです。

通常通り製品版パワーポイント2019をマイクロソフトアカウントでインストールします。

インストールのやり方はマイクロソフトアカウントでログインしてインストールする方法とプロダクトキーでインストールする方法の2種類がありますが今回はパワーポイントが再インストールということもあり、マイクロソフトアカウントでログインしてインストールすることにしました(どちらでも結果は一緒です)

スポンサーリンク


インストール済みのオフィスが消えた

パワーポイントがインストール完了になると今までデスクトップにあったショートカット(ワード、エクセル)が白のアイコンに変わっていました。

つまりプログラムが紐付けられていない状態です。

そうです。オフィスが消えたのです。

結論

プレインストールのオフィスは初回32ビットでインストールされています。

その状態で製品版オフィス(パワーポイント)をインストールと64ビットでインストールするので、32ビットのオフィスが上書きされます。

するとワード、エクセルなどのソフトが消えてしまうということになります。

対策

消えた状態で再度オフィスパーソナル2019をインストールします。

すると下記のガイダンスがでます。

上記がガイダンスにもありますが、パワーポイントが64ビットでインストールされているので、チェックが入ります。

パワーポイントを起動して、アカウント情報からバージョンを調べると確かに64ビットです。

ですから、上記の「64ビット版をインストール」をしてください。

これをするとワード2019、エクセル2019、アウトルック2019のパーソナルファミリーにパワーポイント2016が追加されます。

32ビットと64ビットオフィスの違い

どちらもテクノロジーが32ビットか?64ビットか?の違いですので、普通に使う場合は気にしなくて良いです。

64ビットのオフィスでインストールしなければならない時はデータベースや大量のデータを読み書きする場合は64ビットでなければオフィスが動作しないでしょう。

ですから、一般的にはwindows10が64ビットであってもオフィスは32ビットでインストールされているケースが多いです。

プレインストールの場合は一般的には32ビットでインストールされているのがほとんどだと思います。

以上

 - トラブル(ソフト)