パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLabo

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

東芝 ダイナブック dynabook SS 1600/1610/1620 天板の交換(液晶取り外し方)

      2017/10/16

top

愛用のdynabookSS 1600(型番:PP16011L2H63P)の天板にヒビが入ってしまいました。

軽くて丈夫なdynabook SS ですが、ヒンジ部に関しての天板の割れなどは多少問題があるみたいです。

これはヒンジの問題等で開閉時に徐々に歪みが生じて発生する亀裂です。

1600_2

ヒンジが特に悪いという訳ではありませんが、どのパソコンでも開閉を何千回もすればやはり少しずつ歪も出てくると思います。

気分転換に今回は部品取りで倉庫にあった天板と交換します。

スポンサーリンク


天板交換

側面のネジを目隠しシールを外して取ります。

1600_5

こちらもゴムも目隠しシールですので、取ります

1600_6

フレームが外れます。

1600_7

背面にインバーターがあります。

1600_8

次に無線LANのアンテナを外します。

1600_9

粘着力ありますので、ゆっくり剥がしてください。

1600_10

外れます。

1600_11.

問題の天板を外します。

1600_12

元のように無線LANのアンテナを付けます。

1600_14

インバーターを取り付けます。

1600_16

液晶:LTD121EA8K 東芝松下ディスプレイ株式会社の商品です。

1600_17

設置完了

1600_18

フレームを付けます

1600_19

天板のネジを締めて終わりです。

1600_20

完了

1600_21

dynabook SS 1600専用バックを購入したので、それに入れて大事に使います!

1600_22

 - トラブル(ハード) ,