パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLabo

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

dynabook BX/32L PABX32LLT 液晶パネルを本体から分離・分解

      2016/07/13

bx32

動かなくなったdynabook BX/32L??型番:PABX32LLT

この筐体は何となくdynabook EX35系に似ています。

リリース時期を考えても、2010年1月~8月の同モデル時期に製造されています。ですから、ほぼ筐体は同じと言って良いのではないでしょうか?

さて、症状からすると、電源か?、MB(マザーボード)??だと思いますが、ここは修理に時間を使うより、使えるパーツで他の機種を復活させた方が面白いでしょう。

液晶が割れたサテライトL35に使えないか?調べるため、液晶を取り外してみます。

スポンサーリンク


取り外し風景

↓外観は非常にきれいです。

d0242637_18174496

この筐体から考えると、本体を分解しなくても、液晶部だけで分解で可能です。
↓目隠しゴムを取ります。

d0242637_18181024

↓ネジを外します。

d0242637_1819103

↓ネジが外れると、フレームが外れます。

d0242637_18201863

↓ヒンジ部が外れ難いので、細長いもので、写真のようにえぐるような感じで外します。

d0242637_18204241

↓逆側の同じようにえぐります。

d0242637_18214622

↓液晶のフレームが外れました。

d0242637_18235930

↓ヒンジに固定されている両端のネジを外します。(6個)

d0242637_18243972

↓フラットケーブルの固定テープを外して、コネクターを外します。

d0242637_1825406

↓インバータのコネクターを外せば、液晶が外れます。

d0242637_18262440

残念!
サテライトL35の液晶としては使えない模様です。

LP156WH1(LG)
6091L-0842A
091217 C01
0000017KYE178
1569CKK5F2586 511

PABX32LLTのキーボード交換

bx32_1

詳細は下記の参考にしてください。

http://dynabook.biz/keyboard/2142/

 - パソコン分解, 液晶パネル関連