パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy PC Life dynabook

大名武久のdynabook分解修理サイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

旧モデルとは全く違う 東芝 dynabook R73/B を分解 ヒンジキャップが違う!

      2019/04/26

R73が付くシリーズにはdynabook R731、R732、R734などビジネスでも良く使われているモバイルPCがあります。

後継はR73シリーズで液晶がFHDのR73/38 R73/37シリーズに始まり、R73/B、R73/Aシリーズなどのビジネスモデルが後継であります。

今回はR73/Bの中古が入ったので、分解して構造を調べてみます。

スポンサーリンク


分解

大きな変更点はヒンジキャップの構造です。

今までは左右独立していましたので、破損すればそこを交換すれば良いです。

しかし、分解していくとその大きな違いが分かりました。

LCDカバーは今までと大きく変わりません。

裏面も指定のネジを外せば取れます。

内部の構造もR734などと変わりません。

HDDのフレキシブルケーブルも同じようでR730 R731 R732 R734 とは全く違います。

G5B004051000-A A5A004051010 P5B004051320 FSEPHE0 G28C00045110

ただ、意外とシンプルに作られています。

ファン型番:G61C00035210

分解は比較的容易にできます。

ヒンジキャップが違う!

そしてヒンジを外しますが、どうも構造が違います。

フレームと一体型のようです。

こんな感じです。

ですから、破損した場合の交換はフレームごと変更になります。

とりあえず、ここまでです。

以上

 

 - パソコン分解