パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLab

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Office2013 再インストール!問題が見つかりました!東芝 Satellite B453

   

今回はサテライトB453で起こった事です。

知人のSatellite B453をリカバリーして、オフィスを再インストールするだけのことをお願いされました。

型番:PB453JNBPR5HA7

元々、このダウングレードモデルで32ビット、64ビットが選べるようになっています。

このようなモデルは初期インストール(購入後最初)は32ビットで行うことを前提で作っています。そこで64ビットを選ぶと一旦HDDリカバリーが実施されようになります。

因に初期インストールは32ビットバージョンのwindows7でした。

今回は64ビットを選びました。

そしてwindows7をインストールしたのちにPIPC版(添付)のoffice2013 Personal をインストールをします。

PIPC版はマイクロソフトアカウントで管理する必要がありませんので、毎回違ったマイクロソフトアカウントで再インストール可能です。

ですから、一旦私のアカウントでとりあえずインストールします。

スポンサーリンク


インストールエラー

windows7をインストールしたのちPIPC版のオフィスをインストールします。

PIPC版は通常のセットアップ画面で良いです。

オフィスインストール初期画面

手順に従ってプロダクトキーを入力すると下記の画面がでました。

問題が見つかりました。

申し訳ございません。office(32ビット)をインストールできません。
お使いのコンピュータに64ビットのOfficeプログラムがインストールされています。

Microsoft Office IME 2010

32ビットバージョンと64ビットバージョンのOfficeプログラムを同じコンピュータにインストールすることができません。
インストールできるのはいずれか1つのバージョンだけです。
64ビットバージョンのOfficeをインストールするか、または現在インストールされている64ビットバージョンのOfficeをアンインストールしてから32ビットバージョンのOfficeをインストールしてください。

上記の内容を読んでも全く理解できません。

リカバリーして完全初期化している状態ですので、32/64対応のoffice2013は対応しているはずなのになぜ?エラーになるか?

まさか?32ビット版office2013?と言うことも考えましたが、あり得ません。

上記メッセージのMicrosoft Office IME 2010表示が気になりますので、念のためコントロールパネルを確認しました。

なぜか?

インストールプログラムの中にMicrosoft Office IME 2010がインストールされていました。

恐らくこれが64ビット版ですが、PIPC版は初回32ビットでインストールされた実績が残っており、そこでアンマッチが行ったのだと思います。

Microsoft Office IME 2010アンインストール

まず、コントロールパネル→「プログラムと機能」→下記の画面

Microsoft Office IME 2010を右クリック→アンインストール

再起動要求しますので、再起動してください。

再インストール

改めてセットアップ画面を出し、マイクロソフトアカウントでサインイン

プロダクトキーを入れて実行

今回は正常にインストールされました。

インストール後の状況

「プログラムと機能」の中からはもちろんMicrosoft Office IME 2010が消えていますが、その代わりになるものは無いようです。

因にキーボードの日本語システムはどうなっているか?

コントロールパネルの中の「地域と言語」を開いて、「キーボードと言語」タブ→「キーボードの変更」ボタンを確認すると標準のMicrosoft IMEにセットされていました。

もし、極まれにここがスペースになって日本語変換ができない場合があります。

その場合は改めて下記のMicrosoft Office IME 2010をインストールしてください。

https://www.microsoft.com/ja-jp/office/2010/ime/default.aspx?navIndex=3

以上

 - トラブル(ソフト), リカバリー ,