ダイナブックをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLab

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

東芝 Satellite B35のリカバリーUSBをSatellite R35で使ってみた!

      2016/12/21

他モデルのリカバリーディスクが使えるか?

top_usb

先日からリカバリーメディア作成ツール(リカバリーメディアクリエーター)で作成したリカバリーメディアがその機種しか使えないという問合せの情報に基づき、いろいろ試している結果をアップしています。

前回は同じモデルの機種同士でリカバリーディスクを使いまわして実験しましたが、これはクリアしました。

次は私が言っている同型機種(モデルが異なる機種)などで実験してみます。

今回、比較コーナーでも出場したSatellite B35とSatellite R35の同型機種(モデル違いの類似機種)で実験してみます。

(比較)
http://dynabook.biz/compare/5883/

前回リカバリーメディアクリエーターでSatellite B35(ダウングレードモデル)のリカバリーUSBを作成しています。

それを利用します。

recov_ano

新たにSSDに変更してリカバリーしてみます。

スポンサーリンク


SSDに交換

本体の裏ぶたを開けてハードディスクを交換します。

usb_1

軽量化用の1.8インチSSDを使います。

(1.8インチの購入)
http://dynabook.biz/hdd/4210/

usb_2

フレキケーブルを破損しないようにゆっくり抜きます。

usb_3

クッション材を使い、動かないように固定します。

usb_4

リカバリー実施

さて、本題のリカバリー作業に入ります。

先日作成したSatellite B35のリカバリーUSBをUSBスロットに入れます。

usb_5

ブートセレクトをする為、電源ONと同時にF12を連打します。

usb_6

USB Memoryを選びます。

usb_7

通常の流れでセットアップしてください。

usb_8

順調にリカバリーしています。

usb_9

正常終了

usb_10

セットアップ

自動セットアップが始まります。

usb_11

OSのセットアップに移ります。

usb_12

デスクトップの準備に入ります

usb_13

システム・ドライバー設定に入ります。

usb_14

正常にwindows7が起動しました。

usb_15

確認

デバイスでエラーがでていないか?確認します。

イーサネットコントローラーがエラーみたいです。

usb_16

ワイヤレスLANが生きていますので、急遽wi-fiで繋ぎます。

wi-fiの環境が無い人は別のパソコンでドライバーをダウンロードしてください。

東芝のサイトに行き、Satellite R35のwindows7ドライバーで検索します。

(検索サイト)
http://dynabook.com/assistpc/various_download/index_j.htm

すると全デバイスの32/64ビットアップグレードモジュールがあります。

usb_17

「Realtec LAN Driver」と言うのがあります。

usb_18

ダウンロード後、ドライバーセットアップを実行させます。

usb_19

完了!

usb_20

過去の記事

因にSatellite R35をSSDに変え付属のwindows8のリカバリーディスクでバージョンアップした記事は下記です。

http://dynabook.biz/hdd/4898/

 - リカバリー ,